学生みんなが特待生。

ツイートボタンのカウント数、11月20日で表示廃止へ

Tweet Button

先日からウェブ界隈で話題になっていた「ツイートボタンのカウント数取得できなくなる問題」だが、本日、Twitterから正式な発表と日程が明らかになった。

Twitter Blogsによると、これまで提供されていたツイートボタンとフォローボタンのデザインを刷新すると共に、恐れられていたツイートボタンのカウント数表示を2015年11月20日に廃止することを正式に発表した

カウント数廃止は「インパクトを反映していない」ため

なぜTwitterはツイートボタンのカウント数取得を廃止したのか。

現在、ツイートボタンを掲載している多くのウェブサイトがそもそもカウント数を表示していないことや公式に公開されたパブリックAPIには含まれていないこと、唯一Twitterが開発した分散型データベースのManhattanに移行していない機能であることが挙げられているが、最も大きいのは掲載されているコンテンツに対するTwitterのインパクトを正確に表示することができていないことのようだ。

ツイートボタンのカウントはある特定のURLを含んだツイートの数を表示しますが、この数字は皆様のコンテンツに対するTwitterのインパクトを反映していません。この数字は、リプライ、引用リツイート、同じコンテンツを表すが異なるURLを含むツイートといったものを含まないだけではなく、このURLをツイートしたユーザーにどれだけ多くのフォロワーがいるかといった情報を含まないからです。

via 持続的なプラットフォームのための難しい決断 | Twitter Blogs

タイムリミットは2015年11月20日。公式ツイートボタンのカウント数だけではなく、ツイートによるカウント数そのものが取得できなくなるため、同機能を利用しているウェブメディアは期限までに修正することが求められる。

特にTwitterによるシェア数を全面的にアピールしているウェブサイトは今後1ヶ月対応に追われそうだ。関係者は早めに対応しておきましょう!

(via Twitter Blogs