Twitter、ツイートの文字数制限280文字をテスト中(日本語は対象外)

Twitter

Twitterは米国時間26日、ツイートの文字数制限を140文字から280文字まで拡大するテストを一部のユーザーを対象に実施することを発表した日本語、中国語、韓国語は対象外となっている。

慣れ親しんだ140文字という文字数制限から280文字まで拡大を検討している理由は、独自の調査結果によると、日本語では全体のツイート量のわずか0.4%が文字数制限に達しているのに対し、英語のツイートでは全体の9%のツイートが140文字に達していることが判明。

下記が同じツイート内容を英語・スペイン語・日本語で表示したもの。日本語は140文字という制限の中でも十分に余裕があるが、英語やスペイン語では文字数がギリギリまたは不足している。

Tweet Comparison

実際、英語でツイートしようとすると文字数が足りなくなることも多い。Twitterは今後このテストの結果をもとに、一部言語に対し、文字数制限を緩和するかどうかを決定する。

あわせて読みたい