Twitter、コミュニティ機能を発表 英語圏でテストを開始

ユーザーが共通の関心や興味を持つトピックごとにグループを作成できる新機能

Twitter Communities

Twitterは9月9日、新機能「コミュニティ」のテストを英語圏で開始した。

コミュニティは、ユーザーが共通の関心や興味を持つトピックごとにグループを作成できる新機能だ。コミュニティに参加すると、フォロワー全員ではなくコミュニティ参加者限定にツイートできる。同じコミュニティに参加しているメンバーのみ返信したり、会話に参加したりできるため、よりディープな話題が共有が可能だ。

コミュニティに参加するには管理人またはモデレーターから招待される必要があるが、コミュニティのページやタイムラインは非公開ではない。誰でもコミュニティのツイートを読んだり、引用ツイートしたり、報告したりできる仕組みだ。

コミュニティにはモデレーターが用意され、テーマやルール作りを行う。会話がテーマから逸脱しないように管理する必要があり、別途モデレーター役を務める人を招待することもできる。

現時点では、コミュニティは一部の人しか作成できない。今後数ヶ月のうちに、より多くの人がコミュニティを作成できるようになるとしている。初期テーマは、「犬」、「天気」、「スニーカー」、「スキンケア」、「占い」といったTwitterで人気の高いテーマからスタート。会話の盛り上がりやニッチな議論の発生状況に応じ、新テーマは追加されるという。

コミュニティは招待制だが、コミュニティの見つけ方や参加方法は近日中に追加される予定。テスト対象者は、iOSアプリの専用タブまたはウェブのサイドバーからアクセスできる。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Twitterニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索