Twitter、リプライ時におけるユーザー名の文字数をカウント対象外に

Twitter Reply Update

2017年3月31日、Twitterはリプライ時におけるユーザー名(@〜の部分)の文字数をカウント対象外になったことを発表した

この新しい仕様は2016年5月時点で発表されていたものの、10ヶ月も経った今、ようやく反映されたようだ。

実際にTwitterのウェブ版で試してみたところ、これまでツイートに含まれていたユーザー名が「返信先」として表示されている。

New Twitter

複数人に対してリプライをする場合、返信先に複数のアカウント名が表示される仕様に。
Multiple Users 01

返信先をクリックすると返信している元ツイートのアカウント名が「返信先」として表示され、他のアカウントがいる場合は「会話に参加中の他のアカウント」として表示される仕組みになっている。
Multiple Users 03

このアップデートはTwitterのウェブ版およびiOS/Android公式アプリですでに展開されている。万が一反映されない場合はアプリが最新バージョンであることを確認した上で一度アプリを終了し、再度立ち上げてみることをオススメする。

これでリプライする時も140文字の限界ギリギリまで攻められるぞ!みんな、ツイートしまくれ!

あわせて読みたい