「Uberアイスクリーム」の配達員体験が最高に楽しくて充実していたので来年も絶対やりたい!

Uber Ice Cream App
昨日、今年で3回目の開催となるオンラインタクシー配車サービス「Uber」の夏恒例イベント「Uberアイスクリーム」が開催された。


記事にある通り僕も配達員として13時過ぎから終了時刻である15時過ぎまで六本木周辺を電気自転車で爆走。病み上がりだったのでどうなるか正直不安はあったが、1件目の配達から楽しさが爆発!2時間ぶっ通しで合計6組のお客様にお届けすることができた!

あまりにも楽しかったので、僕の配達員としての2時間を写真とともに紹介する!

次々と舞い込んでくる依頼が楽しくて、楽しくて!

Uberの事務所に着いた瞬間から「Uberアイスクリーム」の配達員としての仕事ははなかなかエクストリームを極めることが目に見えていた。何せ、当日、恵比寿駅は豪雨。蛇口をフルオープンにして水を垂れ流したような勢いで雨が地面を叩きつけ、突然やってくる突風に僕はお気に入りのビニール傘をポッキリやられた。

「急性扁桃腺炎で点滴漬け→徐々に復活→豪雨の中アイスクリームを配達→扁桃腺完治せずに風邪」という最悪のパターンが一瞬脳裏をよぎった。「いやきっと大丈夫、もう少しすれば落ち着くはずだ」と自分に言い聞かせて事務所に入る。

説明を受け、いざ出発。雨合羽を着用し、巨大なリュックを入れて、オーダーを待つ。事務所は恵比寿駅から徒歩数分の場所にあるのだが、この周辺の人たちにはアイスクリームを求めるほどの心の余裕がないようで六本木に向かうことに。
Uber Ice Cream:配達員体験
しばらく乗っているとアプリに通知が。すかさず配達に向かうことを連絡すると電話越しに聞こえてくるのは片言の日本語。
Uber Ice Cream:配達員体験
「まさか初のアイスクリーム配達が外国人相手、つまり英語で渡すのか?!」というワクワクを抑えきれず、すぐに出発。
Uber Ice Cream:配達員体験
無事、渡すことができた。まずは1人目、お届け完了!
Uber Ice Cream:配達員体験
初のアイスクリーム配達を終えてご満悦の僕。どんだけ嬉しかったんだよ。
Uber Ice Cream:配達員体験
六本木周辺はアイスクリームを求めている人が多い。早速次の依頼が入り、真剣に電話に出る僕。余談だが、僕は会社員時代から外線・内線に関係なく電話に出ることが大好きで、新入社員そっちのけでバンバン電話に出るほどだった。久しぶりに見知らぬ人と電話をするのはなんだかとても楽しかった。
Uber Ice Cream:配達員体験
少し迷いつつ、電話トラブルもありつつも、2人目のお客様に配達完了!とても立派なお家でした!
Uber Ice Cream:配達員体験
次のお客さんは六本木ヒルズのふもとにあるマクドナルド付近で待ち合わせ。この時も雨は降ったり止んだりだったので、紙袋やその他ノベルティが濡れないように配慮するのも大変だった。
Uber Ice Cream:配達員体験
無事3人目のお客様に配達完了!
Uber Ice Cream:配達員体験
少し移動したところでまた通知が。休む暇なく配達を続ける僕。
Uber Ice Cream:配達員体験
ビル探しに苦労したが、無事到着するとそこはどうやら女性しかいないオフィス。あまりにも女性ならではのフローラルで素敵な空間だったのでお2人に玄関の手前まで来てもらい、僕は玄関でしゃがんで記念撮影。
Uber Ice Cream:配達員体験
女性オフィスを出た途端に次の依頼先から連絡が。すかさず電気自転車を飛ばし、無事5人目のお客様にアイスクリームお届け完了!
Uber Ice Cream:配達員体験
終了10分前にそろそろ切り上げて恵比寿に戻ろうとしたところ、この日最後となる依頼をもらった。「これで完パケだ!」と喜んで住所を確認したところ、なんと「グランドハイアット東京」が指定されていることが判明。

スニーカー、デニム、ずぶ濡れになった雨合羽に乱れた髪。そんな身格好で果たしてグランドハイアット東京なんかに足を踏み入れていいものなのだろうか。

さすがに心配だったのでドアマンに相談。事情を説明したところ、電気自転車を見ておいてくれるとのことで、ロビーで待機して良いと案内された。こんな酷い格好なのに、ありがとうございます!

その結果がこちら。素晴らしいインテリアにどう見てもミスマッチな僕。
Uber Ice Cream:配達員体験
恥ずかしくて携帯の画面から目を離せない僕。
Uber Ice Cream:配達員体験
しばらくすると依頼して頂いた女性の方がロビーに登場。記念写真を撮りたいと伝えたところ、仲間が部屋にいるから仲間と一緒に撮りたいと言われ、言われるがままにお部屋まで行くことに。どうやら同窓会をしていたらしく、驚くほどみなさん気さくで明るい方々ばかり。帰り際には「お兄さん達飲んで行く?仕事中だもんね、さすがに無理かあ……」なんて言われてしまって、グランドハイアット東京で同窓会をするような人は懐が深いということを確信した。
Uber Ice Cream:配達員体験
玄関に戻り、電気自転車を見て頂いていたドアマンにお礼を言うと、ドアマンからお水のプレゼントを頂いた!「内緒だよ」と言われ、タクシーで到着したお客さんの対応に向かっていった。ドアマンに最後の声を振り絞って「ありがとうざいました!」とお礼を言い、六本木を後にした。
Uber Ice Cream:配達員体験
Uberの夏恒例イベント「Uberアイスクリーム」は大成功に終わった。そして、僕の配達員としての体験は自分が想像していたよりも遥かに楽しく、とてつもなく充実した2時間だった。配達員の大変さが少し理解できたと同時に、配達員しか分からないであろう物を届けることの喜びが少し垣間見えた気がした。

Uberはある意味「人を届ける」会社だ。いつも親切丁寧に僕を送り届けてくれるUberの運転手達に改めて感謝すると同時に今まで以上にUberを応援したいと思った。

オススメ
Uber-Ice-Cream-App.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. Devices-All-Logo.png
    Mac用メールアプリの決定版!「Spark for Mac」が正式リリース
  4. Sony-Life-Space-UX-22.jpg
    【レビュー】今話題!超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(1/3)【Sponsored by Sony】
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法