15インチ型「MacBook Pro (Mid 2014)」はRAMが16GB標準搭載?!「Haswell Refresh」対応モデルのスペックがリーク!

Macbook pro 15
今やAppleが公式ラインアップとして取り揃えているMacBook Pro」の15インチモデルはすべてRetinaディスプレイ搭載モデル持ち運べるデスクトップマシーンと言わんばかりの素晴らしいスペックを持つこのモデル、今年中に内部仕様がグレードアップしたモデルが発表される可能性が高そうだ!


9To5Macによると、中国の掲示板MacBook Pro (Mid 2014)」の15インチモデルのスペックを撮した写真が投稿されていたと報じている!

標準メモリ(RAM)16GBは嬉しい!スペックを全体的に底上げ

投稿された写真は先日オープンしたAppleの超クエ移転「Apple Store, Paradise Walk Chongqing」内のデジタルサイネージディスプレイを撮したもの。現在の15インチ型「MacBook Pro」は2つのラインアップしか用意されていないが、今年発売されるモデルは3つに増え、標準搭載されているメモリ(RAM)も全モデル16GBになるようだ。つまり…最大搭載可能メモリはもしかして32GBまで引き上げられるなんてことも…?!

全モデルのCPUもクロックアップされ、現在提供されているIntelチップの最新バージョンである「Haswell Refresh」を搭載する見通し。

冒頭がその写真だが、書かれているスペックが見づらいので以下に記しておく。

モデル(写真の位置)CPURAMストレージ内蔵GPU独立GPU
写真左2.2GHz Intel Core i7 (Turbo Boost to 3.4GHz)16GB256GBIntel Iris Pro Graphics
写真中央2.5GHz Intel Core i7 (Turbo Boost to 3.7GHz)16GB512GBIntel Iris Pro GraphicsNVIDIA GeForce GT 750M(2GB)
写真右2.8GHz Intel Core i7(Turbo Boost to 4.0GHz)16GB1TBIntel Iris Pro GraphicsNVIDIA GeForce GT 750M(2GB)

参考に、現在公式ラインアップとして提供されている「MacBook Pro」の15インチモデルのスペックは以下の通り。

モデルCPURAMストレージ内蔵GPU独立GPU
下位2.0GHz Intel Core i7 (Turbo Boost to 3.2GHz)8GB256GBIntel Iris Pro Graphics
上位2.3GHz Intel Core i7(Turbo Boost to 3.5GHz)16GB512GBIntel Iris Pro GraphicsNVIDIA GeForce GT 750M(2GB)

これらのモデルはいつ頃発表され、発売開始となるかは不明だが、劇的なアップデート内容ではないことから発表イベントなどは実施せず、サイレントアップデートとして最新モデルを後悔する可能性がありそうだ。また、13インチモデルに関する情報は明らかになっていないが、恐らく同時期にスペックアップするのではないかと思われる。

Appleは現在12インチ型「MacBook Retina」を準備中であると報じられているが、恐らく個人的には「MacBook Air」寄りのMacになるのではないかと予想。つまり、ノート型Macでデスクトップ並に重い作業をしたい人はやはりMacBook Pro」の15インチモデル一択ということになるのではないだろうか。




(via 9To5Mac

オススメ
macbook-pro-15.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  3. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法