Samsung、ソチ・オリンピックのオープニングセレモニーでiPhoneのAppleロゴを隠すよう、選手に要請!

The olympics
Samsungは2月7日より開催されるソチ・オリンピックの公式スポンサー。

今回、参加する全ての選手に対して無料で「Galaxy Note 3」を配布しているようだが、受け取る上で「とある条件」が前提とされていることにスイスのチームに発見されてしまったようだ。

その条件とは「オープニングセレモニーをiPhoneで撮影する場合、Appleロゴを隠すようにすること」。公式スポンサーとは言え、果たしてこんな条件を選手に強制するほどの力はあるのだろうか。

Samsung以外のスマートフォンがテレビに映らないようにすることが目的

スイスのウェブサイトにはこの事実について以下の通り大々的に書かれている。

Sochi iPhone banning
タイトルには「iPhone、オリンピックのオープニングセレモニーで使用禁止」と書かれ、写真の下の本文には「もしBeat FeuzがiPhoneを持っていてオリンピックのオープニングセレモニーの写真を撮りたかった場合、Appleロゴを隠さないといけない」と書かれている。

確かにオリンピックのプロモーション効果は絶大だ。世界中が注目する中で選手が手にするスマートフォンによって売上に影響する可能性も否定できない。Samsungはこのことに以前から目をつけていたようで、過去にも2012年に開催されたロンドン・オリンピックでも約1億ドル支援したと言われている。

iPhoneのAppleロゴを隠すのが面倒である場合は「Galaxy Note 3」を受け取らなければいいのか、そしてそもそも受け取ったもののAppleロゴを隠さずに撮影してしまった場合はどうなるのか。気になることが盛り沢山だが、Samsungはソチ・オリンピックでも露出度を高めるのに必死であるということはよく分かる。

オープニングセレモニーを見る人は、iPhoneで撮影している選手がAppleロゴを言われた通り隠しているかどうか見てみると面白いかもしれない!

Samsung、残念!iPhoneは自由に使ってOK!

MacRumorsによると、選手はAppleロゴを隠さずに自由にiPhoneを使っても問題ないということが明らかになった!詳しくは以下の記事をどうぞ!

Samsung、残念!国際オリンピック委員会(IOC)「選手はAppleロゴを隠さずに、自由にiPhoneを使用して問題ない」 | gori.me(ゴリミー)

(via AppleInsider

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告