オープンカーで都内から宮城へ!「蔵王の御釜」を観光&山奥にある立ち寄り湯「蔵王温泉大露天風呂」を堪能

Gori and open car
日々のデスクワークで余計な負担が掛かっている身体を癒やすために行くべきところはどこか。マッサージ?整体?どちらも良いが、時間があるなら現実逃避を兼ねて地方の温泉に浸かることが好きだ。

今週月曜日から火曜日に掛けてオープンカーを借りて旅行してきた。行き先は宮城県。宿の温泉に加え、県を跨ぎ山形県まで足を伸ばして山の奥にある大露天風呂に行ってみることに!

初のオープンカー、初の温泉を満喫してきたので、旅の行程を含めて紹介する!

人生初のオープンカー「Audi TT Roadster」

まずは生まれて初めて乗ったオープンカー。借りたのは「Audi TT Roadster」という車種。さすが外車というだけあって内装は非常に高級感のある雰囲気。これまで借りてきたレンタカーとは雰囲気も異なる。

思わず自撮り。オープンカーに乗るのは金持ちのチャラいニイチャン達だけだと思ってたのだが、お金は人並みでチャラさの欠片もない一般男性の僕が乗っていることに違和感を感じつつも、風がビュンビュン吹き込んでくるのはなかなか気持ちが良い。

オープンカー初体験!!!!チャラい!!チャラいよ!!!!!!

g.O. R.iさん(@planetofgori)が投稿した写真 –


これが今回試乗した「Audi TT Roadster」。外車なのでウィンカーとワイパーのレバーが左右逆になっていたため、大混乱。幸いにも運転席は日本車と同じ右側だったが、外車をそのまま運転している人を尊敬する。

せっかくなので車の外観や内装を撮ったのでどうぞご覧あれ!

Audi TT Roadster
Audi TT Roadster
Audi TT Roadster
Audi TT Roadster
Audi TT Roadster
Audi TT Roadster

露天風呂がヌルヌルな「にごり湯の宿 湯守 木村屋」

にごり湯の宿 湯守 木村屋
向かった先は「にごり湯の宿 湯守 木村屋」という温泉宿。到着した日の夕飯しか写真が無いが、食事処は限られた人数で多数の宿泊客を対応している様子で落ち着かない様子だった。なぜか冷房もなく、汗だくになりながら食事を頂いた。味は飛び抜けて美味しかった訳ではないが、十分満足できた。

木村屋の特徴はヌルヌルした露天風呂「月見浴殿」。にごり湯となっていて水温が少しぬるめとなっているため、延々と入っていられる。語りつくしたい時には最高のお湯だ。

ただし、人によって好き嫌いが大きく分かれるであろうポイントに床のヌルヌル感は把握しておいた方が良いだろう。露天風呂の床と壁側はすべて苔のようなヌルヌルとした触り心地となっていて、最終的には慣れたものの、暫くの間は気味が悪いと感じずにはいられなかった。

この宿には混浴の風呂として伝説の名湯「天狗岩風呂」というものがある。こちらも水温はぬるめで長居しやすい。伝説の名湯と謳うほどの魅力はなかったが、とても心地良いお湯だった。

エメラルドグリーンの火口湖「蔵王の御釜」

要注意!道路が封鎖され、見れない時期もあり!

翌日、「Audi TT Roadster」を走らせ向かった先は「蔵王の御釜」。

「蔵王の御釜」とは、蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖。エメラルドグリーンの水が特徴となっていて、強酸性のため生物は生息できない。宮城県・蔵王町観光物産協会によると、水温は表面から10数メートルの深度で2℃まで下がるが、それより深度を増すと温度が高くなるという特殊双温水層の湖となっている。世界でも他に例がないとのこと。

場所は「蔵王エコーライン」から分岐した「蔵王ハイライン」と呼ばれる有料山岳道路の先にある。”まさに山道”とも言えるクネクネがエンドレスに続く道となっていて、例年11月上旬~4月下旬は通行止めになるとのこと。よって、この期間中はそもそも「蔵王の御釜」は見学できないそうだ。



オープンカーで大量の風を浴び、なんとか駐車場まで生き延びた僕だが、到着すると目の前には見たことのない光景が。これほど美しい湖が火山口と言うのは想像し難い。
蔵王の御釜
山は気候が変わりやすいとは言うが、まさに雲の中にいるような状態で、到着した瞬間は豪雨、しばらくして止んだと思ったら今度は深い霧に「蔵王の御釜」全体が覆われ、何も見えない状態に。
蔵王の御釜
蔵王の御釜
蔵王の御釜
たった数分で「蔵王の御釜」は完全に雲の中に隠れてしまった。
蔵王の御釜
別の方向を見渡してもこの通り。これほど濃い霧も滅多に遭遇することがないので、見ているだけでも楽しかった。
蔵王の御釜
山頂付近の様子。
蔵王の御釜
しばらく待っていると霧が晴れ、「蔵王の御釜」が見えるように!これは……シャッターチャンス!
蔵王の御釜
よくよく考えてみたら、世の中に自然なエメラルドグリーンを見かけることもないはず。周りのゴツゴツとした雰囲気と対照的な美しい水面のアンバランスさが素敵だ。
蔵王の御釜
遠目から見た様子。本当に不思議な雰囲気だ。
蔵王の御釜
記念写真も撮ってもらった。
蔵王の御釜
かつてはもっと「蔵王の御釜」の近くまで行けたようだが、現在は通行止めになっている。
蔵王の御釜

「蔵王山頂レストハウス」で「お釜カツ丼セット」を頬張る

「蔵王の御釜」を満喫後、ちょうどお昼時だったので「蔵王山頂レストハウス」で「お釜カツ丼セット」(1,000円)を食べることに。カツ丼は正義!美味しかった!
蔵王の御釜
蔵王山頂レストハウス

関連ランキング:郷土料理(その他) | 蔵王町その他

身も心も癒されるにごり湯「名湯 蔵王温泉大露天風呂」

蔵王温泉大露天風呂
その後、向かったのは「名湯 蔵王温泉大露天風呂」。実は「蔵王の御釜」から直接向かうことができるのだが、山形県にある温泉なので、当然ながら山形方面に向かわなければとてつもなく遠回りをすることになる。



「蔵王温泉大露天風呂」は源泉のすぐ近くにあり、すべて露天風呂。一度に200人は入ることができるという立ち寄り湯で、高い人気を誇る。洗い場はなく、掛け湯が基本となっている。

蔵王温泉大露天風呂
特徴は森林に囲まれた露天風呂という、都内では絶対に味わえない空間。露天風呂の横を流れる川も源泉からの水がそのまま流れているため、当然、とてつもなく熱い。僕にとっては熱すぎたので浸かることはできなかったが、人によっては川に腰掛け身体を癒している人も見かけた。

蔵王温泉大露天風呂
風呂にはぬる湯とあつ湯の2種類が用意されている。男性の場合、2段に分かれている風呂のうち、下にある濁ったお湯がぬるい。ここの水温が絶妙で、にごり湯ということで癒やし効果は抜群。個人的にも過去に入った温泉の中で上位を争う素晴らしい温泉だったので、山の中にあるため行くのには苦労するが、機会があれば是非とも立ち寄ってもらいたい。

1泊2日の都内⇔宮城旅行の工程まとめ

温泉にじっくり浸かった後、僕らは6時間掛けて都内のレンタカー屋に戻ってきた。長旅で温泉効果は多少なくなってしまったかもしれないが、本当に良い旅だった。やはり遠出するのはいいことだ。

最後に今回の旅行の行程を改めてまとめておく。

1日日都内某所でレンタカーを借り、出発(11:00)
「にごり湯の宿 湯守 木村屋」に到着、宿泊(17:30)
2日目「蔵王の御釜」に向けて出発(10:00)
「蔵王の御釜」に到着(12:00)
「名湯 蔵王温泉大露天風呂」に向けて出発(13:00)
「名湯 蔵王温泉大露天風呂」に到着、入浴(15:45)
「名湯 蔵王温泉大露天風呂」を出発(17:00)
レンタカー返却(23:00)

初日は11時に出発、レンタカー返却は23時前。実に充実した2日間だった。また遠出したいな!

オススメ
gori-and-open-car.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. Pakutaso-Beer-Sake-Girl.jpg
    お酒のカロリーと糖質ランキングが公開!ハイボールは優秀、ビールはNG
  3. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法