「watchOS 3」、スクリーンショットの撮影を無効化することが可能に

WatchOS 3
Apple Watch」でデジタルクラウンとサイドボタンを同時に押すとスクリーンショットを撮影することができる。ただ、ハッキリ言ってこの機能は大抵の場合は必要ない。むしろ、手首を曲げた時に意図せずスクリーンショットを撮っていることも多く、迷惑を被っていた。

watchOS 3」ではついにスクリーンショットの撮影を無効化することができるようになっているようだ!これでもう誤ってスクリーンショットを撮ってしまうことはないだろう!やったぜ!

Apple Watch Screen Shot 【image via 9To5Mac

なお、他にも「Nightstand」モードを無効化することもできるようになっている。

watchOS 3」はアプリの起動が高速化され、サイドボタンが「Dock」として生まれ変わった。手書き文字入力に対応し、ミニーマウスを含む新しいフェイスも追加されている。

(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった