「watchOS 3.1」、「Apple Watch」の電池持ちを飛躍的に向上か

Apple Watch Series 2 Review
「watchOS 3.1」がリリースされてから1週間以上経っているが、何か大きな変化はないだろうか。

MacRumorsのフォーラムではwatchOS 3.1」をインストール後、電池持ちが飛躍的に向上したと報告している人が多数いるようだ。

フォーラムによると電池持ちの向上を実感しているのは最新の「Series 2」および「Series 1]を購入している人。残念ながら初代「Apple Watch」を利用している人は電池持ちの改善は感じられないどころか悪化しているという報告もある。

僕自身も以前に比べて1日の終わりに残っている電池残量が以前より多く、半分を下回ることは稀だ。1時間半のトレーニングと30分ほどのジョギングを含む1日の過ごし方で外す時の電池残量はまだ65%もあった。

この電池持ちであれば丸々2日間、充電せずに使い続けることができるかもしれない。

Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!


(via MacRumors

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法