Regza Phoneのアップデート方法、手順が分かり難すぎる!

無事、Regza PhoneをAndroid 2.2にアップデートし、Quadrantのスコアも1000超えをマークして嬉しい限りではあるが、どうしても言いたいことがある。

Regza Phoneのアップデート方法、
いくらなんでも分かりにくくないか?!

OSバージョンアップ手順書にも書いてあるが、簡単にステップをおさらいする。

  1. microSDカードの空き容量が1GB以上、端末内部の空き容量が50MB以上あることを確認する
  2. MacもしくはPCでバージョンアップ用書き換えパッケージをダウンロードする
  3. Regza PhoneでOSバージョンアップアプリをダウンロードする
  4. OSバージョンアップアプリを起動し、OSのバージョンアップを実行する

ステップが多い

一番の不満はアップデートするまでにやることが多すぎること。たかだかアップデートのためになんであれよこれよとやらないといけないのか。空き容量の確認が必要だったり、PCとRegza Phoneで別々にファイルをダウンロードしないといけなかったり、とにかくたかがアップデートのために手順が多すぎる。この手のものが少しでも苦手な人であれば参ってしまいそう。

空き容量の確認が面倒

多分、容量が足りなかったはエラーを返してくれるとは思うが、そもそも急に空き容量を確認しろ、と言われても、どこで確認すればいいか分からない、なんていう人も多いのではないだろうか。そして、本体50MBとmicroSDカード1GBの空き容量って、結構大きいよね。

アップデートファイルの置き場所が分からない

PCを繋げないとアップデート出来ないのはiPhoneも同様だが、アップデートファイルをわざわざダウンロードしにアクセスしないといけないのはなかなか面倒だ。Regza Phoneに限らずAndroidスマートフォンはiPhoneと違い、PCと繋げて利用する必要性がないので、アップデートに関する告知も何かしらOTAで通知されるものだと思っていた。 @chabose や @hiroto58 にダウンロードリンクを教えて貰えていなかったら今もアップデートの告知メールを待ち続けていたかもしれない。

僕のような2.2へのアップデートを心待ちにいしてた人はともかくとして、アップデートという概念そのものを分からずに使っているような人がこのアップデートを一人で出来るだろうか。PC環境がある端末とmicroSDの空き容量がある、そしてこの面倒なアップデートを手順通りに進める。アーリーアダプター層は自分で勝手に調べてアップデートするにしても、ガラケーでさえも殆どの機能を使いこなせないような人がかなり厳しいような気がしている。

最近、iPhoneを手にする一部のユーザーの中には電源の入れ方さえも分からないという人もいる、という話を以前聞いたことがあったが、そのような人は今後さらに増えてくるだろうし、もう少しアップデートの仕方を検討した方が良さそうだね。

もっと読むAndroidまとめ