iPhoneの2倍!Apple Watchが起動に掛かる時間は約1分

Apple-Watch-Omotesando-18.JPG

Apple Watchは時計だ。時間をいつでも確認できるようにするためには基本的に電源は落とさない。

ただ、もし仮に電池が切れてしまったとしよう。当然充電後、電源を入れることになるが、ホーム画面が表示されるまで想像以上に時間が掛かる覚悟をしておいた方が良い。

Enis YounsさんがApple StoreApple Watchで起動に掛かる時間を撮影した動画を公開していたので、紹介する!

「A5」チップと同等だが、「iPhone 4s」よりも遅い

最近のiPhoneは起動時間は比較的早い。ロックスクリーンが表示されるまでの所要時間は大体30秒程度だ。

一方、Apple Watchの起動には約60秒も掛かることが明らかになった。さすがに遅すぎる。

Apple Watchに内蔵されているプロセッサー「S1」は「iPhone 4s」が搭載していた「A5」チップと同等の性能であると言われているが、「iPhone 4s」と比較しても起動時間は遅い。9to5Macは起動時間が遅い原因は電池持ちを伸ばすためのチューニングを行った結果ではないかと指摘している。

以下、どうぞご覧あれ!

Moto 360」よりも起動に時間が掛かるようだ。

(via 9to5Mac

関連情報
更新日2015年04月24日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watchニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索