Apple WatchのG-SHOCK対抗モデル「Explorer Edition」、早ければ2021年に発表か

Apple WatchのG-SHOCK化は過去のものに?純正の高耐久ラインアップが登場する可能性

Spigen Rugged Armor Pro Apple Watch Band and case 11

Appleは、Apple Watchの高耐久モデル(Explorer Edition)を開発している可能性がある。Bloombergによると、エクストリームスポーツなど過酷な環境で活躍するアスリートをターゲットとしたモデルを、2021年または2022年までに発表する計画があるという。

高耐久モデルはApple Watchの新ラインアップとして登場か

高耐久モデルの構想は、初代モデルを発表した2015年時点であったそうだ。現行モデルは、50メートルまでの防水仕様、種目別トラッキング機能など、フィットネス関連機能は充実。アクティブに過ごすユーザーから高い支持を受けているが、G-SHOCKやGraminのユーザーのシェアを奪うまでには至っていない。

高耐久モデルの製品名は決定していないが、社内では「Explorer Edition」と呼ばれることがあるという。機能は通常のApple Watchと同じだが、耐衝撃や耐久性が強化するためラバー製の筐体を採用すると考えられる。

開発は延期または中止する可能性もあるが、実現した場合、Apple Watchの新ラインアップとして登場するという。現在は通常モデル以外に低価格帯のApple Watch SE、HermesおよびNikeとのコラボレーションモデルが存在する。

Bloombergは、AppleはApple Watch向けに新しい水泳トラッキング機能を準備していることも明らかにしている。

Apple WatchのG-SHOCK化

9本の記事を表示する
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watchニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索