【レビュー】Spigenの「ラギッド・アーマー」と「ラギッド・ベルト」でApple WatchをG-SHOCK化

Wearing the Spigen Band

Apple Watch」は時計という観点で見た場合、どちらかというと小洒落ていると言えるだろう。特に僕の場合は「リンクブレスレット」を付けているのでなおさらだ。

すっかり慣れてしまっていたが、僕は本来、ゴツゴツした時計が好きだ。存在感があり、長袖を着ていると自己主張が強すぎて袖からはみ出てしまうような腕時計が好みだ。

そこで今回、Spigenに「ラギッド・アーマー」と「ラギッド・ベルト」を提供頂き、夢の「Apple Watch G-SHOCK化」を実現。見た目はとても気に入っているが、どうしても乗り越えられない問題点もあるので、解説する!

Apple純正スポーツバンドにはない”ゴツゴツ感”を実現

今回提供して頂いた「ラギッド・アーマー」と「ラギッド・ベルト」はこの通り。見るからにゴツゴツしているので素敵。
ラギッド・アーマー、ラギッド・ベルト

これを「リンクブレスレット」と取り替えてみることに。”小洒落たApple Watch”が途端に”ゴツいApple Watch”に変身!
ラギッド・アーマー、ラギッド・ベルト

まずは本体ケースである「ラギッド・アーマー」を装着。一気に時計間が増し、本体サイズが大きくなった。ボタンもしっかりと覆われるものの、サイドボタンはケース側にボタンカバーが用意されているので操作性は変わらず、むしろ押しやすくなる。
ラギッド・アーマー、ラギッド・ベルト

続いて「ラギッド・アーマー」をケースに付け、Apple純正のスポーツバンドを付けてみた。
ラギッド・アーマー、ラギッド・ベルト

「ラギッド・アーマー」だけを付けてもそれなりにゴツゴツするが、やはり少し物足りなさを感じる。純正のスポーツバンドはシュッとしていてゴツゴツ感が足りないのだ。
ラギッド・アーマー、ラギッド・ベルト

そこで「ラギッド・ベルト」の登場だ。純正スポーツバンドと比較してもゴツさが全然違う。
ラギッド・アーマー、ラギッド・ベルト

“小洒落たApple Watch”から”ゴツいApple Watch”へ

横にあるの通常の純正スポーツバンドと比較すると「ラギッド・ベルト」はゴツい。見るからに強そう。
Spigen Rugged Band And Case

「ラギッド・アーマー」と「ラギッド・ベルト」を装着した「Apple Watch」は完全にG-SHOCKと化した。格好良い!
Spigen Rugged Band And Case

「Apple Watch」としては特に使い勝手に変化はない。「Apple Watch Series 2」にも対応するように再設計され、ボタンも押しやすさは変わらず。
Spigen Rugged Band And Case

全体的に厚みが増しているのも僕のお気に入りポイント。ステンレススチールケースが傷付く心配もない。
Spigen Rugged Band And Case

実際に付けてみると分かるゴツさ!存在感ありまくり

では、実際に装着してみるとどうなのか。見ての通りものすごい存在感だ。存在感がありすぎて袖口に収まらない。
Wearing the Spigen Band

とは言え、「Apple Watch」をインパクトの有るタイムピースにしたいという野望があった僕としては大満足。
Wearing the Spigen Band

この通り、横から見るとG-SHOCKにしか見えない。最高かよ。
Wearing the Spigen Band

唯一にして最大の難点:装着が極めて難しい

「Apple Watch」を見事G-SHOCK化することに成功したアクセサリー「ラギッド・アーマー」と「ラギッド・ベルト」だが、実は「ラギッド・ベルト」には致命的な欠点がある

バンドが長く、硬く、滑りづらく、装着しづらい

それは極めて装着しづらいということ。「Apple Watchバンド装着しづらさ選手権」が開催されたとしたら、間違いなくぶっちぎりの1位間違いなしだ。それほど付けづらい。

ラギッド・アーマー、ラギッド・ベルト

そもそもバンドが長すぎるということ、そしてバンドの素材が硬すぎる上に摩擦が強すぎて上手くバンドの中に滑り込まないということ、そして、取り付けようとしている過程でバンドの長さを調整する金具が外れてしまい、やり直しになるということ。

とは言え、このゴツさを手放したくなかった僕はこの数週間、試行錯誤しながら毎日鍛錬を重ね、少しずつ慣れてきた。バンドを少し濡らすと滑りが良くなり、何度も付け外ししていると多少なりともバンドが馴染んでくるので付けやすくなる。

どうしようもない点としては、バンドが長すぎること。僕の手首の大きさではバンドがほぼ一周してしまい、「Apple Watch」の底面まで届きつっかえてしまう。

そういうものだと割り切ればそれほど困らないが、可能であればも言う少しバンドの長さが短いモデルを出してもらいたい。恐らく装着もしやすくなるのではないだろうか。

サイドボタンが必要以上に突起し、誤動作の原因に

トレーニング中に使用していて気になったのはサイドボタンが出過ぎていること。このため、意図せず手の甲でサイドボタンを押してしまい、知らないうちに電源オフ画面が表示されていたことも。

手首の上の方に装着しようにも手首とのフィット感を考えるとベストな場所が手首に近いため、どうしようもなかった。

それでもG-SHOCK化したい人は買うべし!

これらの懸念点を踏まえても「Apple Watch」をG-SHOCK化したいのであれば「ラギッド・アーマー」と「ラギッド・ベルト」を購入するべし!ゴツい時計派、アウトドア派の人には特にオススメ!

なお、スポーツバンドに「ラギッド・アーマー」を組み合わせた状態は過去に初代「Apple Watch」でレビュー記事を書いているので、参考にどうぞ!

FOLLOW / 最新情報を購読