【レビュー】Apple Watch Series 3 + リンクブレスレット + タフ・アーマーという最高の組み合わせ

Spigen Touch Armor Apple Watch Case

Apple Watch Series 3」を手に入れてから、特に生活に変化はない。「LTE通信対応」の象徴である赤いデジタルクラウンも、見れば見るほど主張する必要性が分からなくなってきた。

ところで、僕はゴツゴツとした時計が好きだ。「海外のラッパーとマッチョが身につけてそうな腕時計」と言えば、僕の好みの腕時計とイメージが一致するはず。

当初は運動でも使えることを魅了として感じていた「Apple Watch」だが、気づいたら運動はジムで行い、リストバンドパワーグリップを使っているため、運動中は外すことが圧倒的に増えた。

つまり、どうせ運動中に使わないのであれば、「Apple Watch」をもっとゴツゴツさせたい。そこで、僕は以前、Spigenから提供頂いた「タフ・アーマー」を付けてみることに。

僕の「Apple Watch Series 3」は42mmモデルなので、「42mmケース用スペースブラックリンクブレスレット」と合わせてみたところ、想像以上に良い感じに!ゴツさと高級感を兼ね揃えたパワフル・ウォッチに進化した!

iPhoneケースとの相性も抜群でとても気に入っているので、Apple Watch Series 3」+「リンクブレスレット」+「タフ・アーマー」という組み合わせの魅力について紹介する!

「Apple Watch」本体を頑丈に保護し、ゴツさをアップ

僕はこれまで何度も「Apple Watch」をゴツゴツさせようとチャレンジしてきた。Spigenの「ラギッド・アーマー」と「ラギッド・ベルト」でApple WatchをG-SHOCK化で完璧だと思っていたが、「ラギッド・ベルト」の使い勝手があまりにも悪かったため、装着数回で終了。

その後、「Catalyst Case for Apple Watch Series 2」を数ヶ月使っていたが、バンドが汗で臭くなり、またしても利用を断念。

それからしばらくの間はスポーツバンドやリンクブレスレットで満足していたが、ふと今回の組み合わせを思いつき、装着してみたところ、最高という結論に

「タフ・アーマー」は、TPU素材のケースディスプレイを保護するスクリーンプロテクターという、2つのパーツで構成されている。大部分はTPU素材だが、目に見える部分がメタリックな仕上がりになっているため、リンクブレスレットとの相性は悪くない。
Spigen Touch Armor Apple Watch Case

この光沢が高級感を演出してくれる。
Spigen Touch Armor Apple Watch Case

取り付けると「Apple Watch」の本体部分が格段に分厚くなり、存在感が増す。リンクブレスレットは「Apple Watch」本体にそのまま装着する前提で作られているため、分厚くなった「Apple Watch Series 3」に対して少し薄すぎるようにも見えるが、高かったので気にしないことにする。
Spigen Touch Armor Apple Watch Case

この角度から見ると「Apple Watch」本体の分厚さが目立つ。そしてデジタルクラウンの赤ポチが気になる
Spigen Touch Armor Apple Watch Case

iPhoneケース「ネオ・ハイブリッド2」との相性が抜群

Spigen Touch Armor Apple Watch Case

僕が「Apple Watch Series 3」+「リンクブレスレット」+「タフ・アーマー」という組み合わせを気に入っているのは高級感だけではない。二重構造ケース「ネオ・ハイブリッド2」との相性が抜群だからだ。

偶然にも「ネオ・ハイブリッド2」のポリカーボネート製のフレームの色が、「タフ・アーマー」のスクリーンプロテクターのフレームの色と同じ。同じくTPU素材をケース部分に使用していることから、まさにベストカップル
Spigen Touch Armor Apple Watch Case

これほどカラーがバッチリだからこそ、やはり赤ポチが気になる。赤ポチ、絶対に不要だ。セルラー対応かどうかなんて別にアピールする必要がない。
Spigen Touch Armor Apple Watch Case

結論として、Apple Watch Series 3」+「リンクブレスレット」+「タフ・アーマー」は僕好みの組み合わせだ。「Apple Watch」本体もしっかりと守りつつ、ゴツさを実現し、iPhoneとの相性も抜群。

「Apple Watch」の使い方に大きな変化がない限り、この組み合わせで使い続けることができそうだ!

FOLLOW / 最新情報を購読