初代Apple Watch、オブソリート製品に追加へ

2015年4月発売の「Series 1」や「Series 2」よりも前に出た、正真正銘の初代モデル

Apple Watchと共に生活して分かったこと

Appleは9月30日、サポートページ「Obtaining service for your Apple product after an expired warranty」を更新。初代Apple Watchを「オブソリート製品」として認定した。

Appleは5〜7年スパンで定期的にサポート終了製品として「ビンテージ製品とオブソリート製品」に指定している。これまでサポートが終了した製品はこちらの公式ページから確認できるようになっている。

「Obsolete」ステータスが付いた場合、直営店だけではなくApple公認サービスプロバイダでも各種サービスを受けることができなくなってしまうため、対象商品を保有している人は注意が必要だ。

初代Apple Watchは2015年4月に発売。その後「Series 1」と「Series 2」が続き、以降は毎年アップデートされるたびに”Series”のナンバリングが上がっている。2021年の最新モデルはApple Watch Series 7が発売される予定だ。

過去2年間でオブソリート認定された製品

8本の記事を表示する
公開情報
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. PGE6748(コメントID:611828)
    コメント先:とおる(コメントID:611729)
    200万以上した18金のHermesももう修理してもらえないのかぁ。 やっぱり製品コンセプトが微妙でしたね。 ケースの仕様をガッチリ決めて置いて、中身だけ最新機種に入れ替えとかできれば良かったですね。 Series3・4・5と買ってるけど、ストラップと文字盤(ソフト)がHermesなだけで正直満足度は低いです。 でも寿命数年のAppleWatchに200万は出せないですね。(^^;

    価格による違いはケースとバンド、あとは文字盤と耐久性が少し変わるぐらいで、同年モデルであれば処理性能はどのモデルも全く同じでOSアップデートも同時期に打ち切り。Appleとしては、18Kモデルは「200万円相当の機能的価値を持つ腕時計」というより「200万円相当の18Kを使った装飾品」というコンセプトだったのかも知れませんね。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:611810)
    コメント先:とおる(コメントID:611729)
    200万以上した18金のHermesももう修理してもらえないのかぁ。 やっぱり製品コンセプトが微妙でしたね。 ケースの仕様をガッチリ決めて置いて、中身だけ最新機種に入れ替えとかできれば良かったですね。 Series3・4・5と買ってるけど、ストラップと文字盤(ソフト)がHermesなだけで正直満足度は低いです。 でも寿命数年のAppleWatchに200万は出せないですね。(^^;

    製品の目的やターゲット層がそもそも違うのではないでしょうか?

    ゴールドケースが議論されることでApple WatchやAppleの動向自体が注目されましたし、高級時計のように振る舞うモデルがあることでフォーマルな場面…どちらかと言うとドレスウォッチ?としても身に付けやすい感じを演出したところもあるかもと。

  3. とおる(コメントID:611729)

    200万以上した18金のHermesももう修理してもらえないのかぁ。
    やっぱり製品コンセプトが微妙でしたね。

    ケースの仕様をガッチリ決めて置いて、中身だけ最新機種に入れ替えとかできれば良かったですね。
    Series3・4・5と買ってるけど、ストラップと文字盤(ソフト)がHermesなだけで正直満足度は低いです。
    でも寿命数年のAppleWatchに200万は出せないですね。(^^;

「Apple Watch Sport(第1世代)」新着記事
トレンド検索