「Apple Watch」初のOSアップデート!「Watch OS 1.0.1」、配布開始

Apple Watch OS Update
本日、AppleはApple Watch」として初のOSアップデートである「Watch OS 1.0.1」を配布開始した!

アップデート内容としては以下の通り:

  • パフォーマンスの向上
    • Siri
    • スタンドアクティビティの測定
    • 室内自転車及び室内ローイングワークアウトのカロリー計算
    • 屋外ウォーキングおよび屋外ランニングワークアウトの距離とペース
    • アクセシビリティ
    • 他社製App

  • 新しい絵文字のサポート

  • 言語の追加
    • ポルトガル語(ブラジル)
    • デンマーク語
    • オランダ語
    • スウェーデン語
    • ロシア語
    • タイ語
    • トルコ語

Apple Watch」のOSをアップデートする方法は続きからどうぞ!

Apple Watch」をアップデートするための条件と方法

「Apple Watch」をアップデートするための条件

初のOSアップデートが配布されたからといってiPhoneのように手軽にアップデートできない「Apple Watch」。アップデートするための条件は以下の通り:

  • 「Apple Watch」がiPhoneの通信圏内にある
  • 「Apple Watch」が充電器に接続されている
  • 「Apple Watch」が50%以上充電されている

一言でまとめてしまえば、「ペアリングされたiPhoneが手元にあり、電池が50%以上ある状態で充電器に接続されている」必要があるということ。特に電池が50%以上あり、かつ、充電器に接続されている、というのはハードルが高い。出先にいて予備の充電ケーブルが無い場合は帰宅するまでアップデートはお預けだ。

以下の記事で紹介した「Apple Watchマグネット式充電ケーブル(1 m)」はやはりあると便利かもしれない。

【レビュー】外出のお供に!長さ1メートルの「Apple Watchマグネット式充電ケーブル」を追加で購入した



「Apple Watchをアップデートする方法

それでは「Watch OS 1.0.1」にアップデートする方法を紹介する

  1. iPhoneで「Apple Watch」アプリを起動
  2. 「一般 > ソフトウェア・アップデート」をタップ
  3. 「ダウンロードとインストール」をタップ
  4. iPhoneのパスコードを入力
  5. 利用規約に同意し、ダウンロードとインストールを待つ

基本的には「Apple Watch」本体を使わずにiPhoneの「Apple Watch」アプリを使用してアップデートを行う仕組み。アップデートそのものはサクッと終わるものではなく、10〜15分程度掛かるのでこれから出掛ける人は早めに取り掛かるべし!

Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. DELL、”世界最小”を謳う15インチ型ノートPC「XPS 15」の新モデルを発表
  2. 「macOS Sierra 10.12.3」、正式リリース!MacBook Pro 2016年モデルにおける一部不具合を修正
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「iOS 10.2.1」、正式リリース!バグの修正およびセキュリティ問題の改善
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!