Apple Watch、スマートウォッチ市場におけるシェアは75%以上

Apple-Watch-Usage-Review-03.JPG

Apple Watch」登場後、スマートウォッチ市場の大部分はAppleのものとなったようだ。

Strategy Analyticsの調べによると、Apple Watch」は2015年第2四半期におけるスマートウォッチ市場のシェアは75%以上だったことが明らかになった!

ブイブイ言わせていたSamsung、あっさり地位を失う

Strategy Analyticsは2014年の第2四半期と2015年の第2四半期におけるスマートウォッチのシェアを調査。1年前、73.6%もあったSamsungのシェアは1年後、なんと7.5%まで急降下。その代わり、昨年には市場に参入してなかったAppleが今年は「Apple Watch」で75.5%ものシェアを獲得したと発表している。

Apple watch 75 marketshare strategy analytics1
【img via 9To5Mac

もちろん、スマートウォッチ市場全体が広がったということも忘れてはならない。「Apple Watch」に限らず、2014年に比べて2015年は既に多数のスマートウォッチが多数のメーカーから登場している。その結果、たった1年で市場規模が457.3%も拡大したそうだ。最近ではカシオタグ・ホイヤーの参入などが発表された。

一部では失敗だと批判されている「Apple Watch」だが、上記のシェア率からも分かる通り、それなりの成功を収めているように見受けられる。それを裏付ける情報として、先日行われた第3四半期の決算発表会にヒントが隠されていると9To5Macは指摘する。

当日、Tim Cook氏は「Apple Watch」に関する具体的な数値の発表は控えたものの、「Apple Watch」が含まれている項目である「その他製品」に関する売上は前四半期(第2四半期)から56%増だと発表されている。

このことについて質問された際に、Cook氏は四半期の差分よりも「Apple Watch」の売上額が大きいとコメントしたことから、「Apple Watch」の第3四半期における売上は10億ドル以上、販売台数は300万台以上ではないかと予想されている。

「Apple Watch」はAppleとしても予想を上回る売れ行きだったと語るCook氏。スマートウォッチ市場制覇に向けて好スタートを切ったようだ。

▼「Apple Watch」の購入を検討している人は以下の記事をチェック!

【レビュー】「Apple Watch」をつけて生活してみて分かった13のこと

【レビュー】買うべき?「Apple Watch」と共に生活して分かったこと

何が違う?「Apple Watch Sport」と「Apple Watch」を比較してみた



(via 9To5Mac

FOLLOW / 最新情報を購読