Apple、「Apple Music」の無料試聴期間中もアーティスト側に支払うことを約束

Music App
本日、Taylor Swiftが「Apple Music」に最新アルバム「1989」を掲載させない理由として、3ヶ月間の無料試聴期間中にアーティスト側への支払いが一切発生しないことは不公平であると自信のブログに掲載したことを伝えた。


その発表を受けてなのか、インターネットソフトウエアおよびサービス部門担当執行バイスプレジデントであるEddy Cue氏は、Apple Music」の無料試聴期間中でもアーティスト側にしっかりと支払うことをTwitterで発表した

無料試聴期間中でもアーティストはしっかりと支払いを受けられる

やはりメジャーアーティストがしっかりと声を上げたことに意味があったのかもしれない。Taylor Swiftの心の叫びがしっかりとAppleまで届き、3ヶ月間の無料試聴期間中もアーティスト側への支払いは発生することが明らかになった。




これを受けてTaylor Swiftがどのような反応をするのか、そして掲載を拒否していた「1989」の掲載を許可するのか気になるところだ。


「Apple Music」の月額料金のうち、Appleの取り分は3割以下と判明


「Apple Music」の利用料、日本は月額980円になることが判明


【比較】「AWA」「Apple Music」「LINE MUSIC」を比べてみたーー各社の音楽ストリーミングサービスはどう違うの?




(via MacRumors

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!