Apple、ロシア国内における販売を停止

ロシアのApple公式サイトでは、製品購入ページはメンテナンス画面が表示される仕様

Apple Store in Russia is down

ロシアのApple公式サイトよりキャプチャ

Appleは3月2日、ウクライナ侵攻を続けるロシアに対し、ロシア国内における製品の販売停止を発表した。先週には製品の輸出を停止しており、Apple Payなど一部サービスを制限している。

ロシアのテレビ番組「RT News」およびニュースサイト「Sputnik News」のアプリは、ロシア国外のApp Storeで取り下げられており、ダウンロード不可。ウクライナでは、Appleマップの交通情報が無効化されている。

ロシアのApple公式サイトは現在、製品の購入ページは閲覧できずメンテナンス画面が表示される仕様となっており、製品購入ができない。

ウクライナの副首相は2月26日、ティム・クックCEOにロシアでのApple製品とサービスの販売停止を要請していた報告していた。

Appleは「ロシアのウクライナ侵攻を深く懸念しており、苦しんでいる人々に寄り添う。私達は人道援助をサポートしており、現地のチームのためにできることすべて行っている」とコメントしている。

ウクライナ情勢

4本の記事を表示する
公開情報
更新日2022年03月02日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索