Apple、iPhoneなどの製品サブスクサービスを検討中か

毎月の定額料金を支払うことで、最新のApple製品が使用できる仕組みが計画されている模様

Saad chaudhry PP1UkTDYJkc unsplash

Appleは、定額料金の支払いでiPhoneなどのApple製品を使用できるサブスクリプションサービスを検討している可能性がある。Bloombergによると、iCloudなどのサービスと同様の仕組みになるという。

具体的な価格は明らかにしていないが、iCloudストレージやApple Musicの月額費用と同等の金額で、iPhoneやiPadを使用できる。申し込みはApple IDとApp Storeアカウントから行う。単体提供の他、Apple OneやAppleCareサポートプランのバンドルに含む計画も検討されているそうだ。

米国で提供されているiPhone Upgrade Programとは別のサービスだ。iPhoneの端末価格を24カ月分で分割し12カ月後に買い替え可能にする仕組みだが、新たに投入予定の製品サブスクは、iPhone以外の製品も対象に含まれる。

製品サブスクの登場により、学生などApple製品を使いたいが価格の支払いが難しいユーザーが使用できるようになる。現在は計画段階となっており、早ければ2022年末に正式発表する可能性がある。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索