JCB、Apple Payの利用で20%還元キャンペーンを開始

期間中の還元額上限は10,000円、2019年12月15日(日)まで開催中

Jcb apple pay campaign

JCBは8月16日、キャッシュレス推進を目的として、「Apple Pay」「Google Pay」の利用で20%を還元するキャンペーンの実施を発表した。

日本全国のQUICPay・QUICPay+(クイックペイプラス)加盟店での利用が対象。また、家族カードを持っている場合、条件を満たせば、本会員と同様に20%のキャッシュバックを受けることができる。

JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!の詳細

  • 開催期間:2019年8月16日(金)~2019年12月15日(日)
  • 条件:期間中以下の3つのステップを満たすと、もれなく20%キャッシュバック(期間中上限10,000円)
    1. Apple Pay、またはGoogle Payに以下「対象カード」を設定
    2. キャンペーンに参加登録
    3. Apple PayまたはGoogle Payを利用
  • 対象カード:JCBグループ発行の個人カード、ビジネスカード
    • ※JCBクレジットカード、JCBデビットカード、JCBプリペイドカードのみ対象。
    • ※複数枚のJCBカードを保有の場合は、それぞれのカードがキャンペーン対象
    • ※一部、対象とならないカードあり
  • 対象加盟店:日本国内のQUICPay・QUICPay+(クイックペイプラス)TM加盟店
    • ※Suicaチャージ・オンラインショップなどのご利用分は対象外

詳細はこちらからどうぞ

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「スマホ決済・キャッシュレス」新着記事
トレンド検索