ソフトバンクオンラインショップ

Apple PayのPASMO対応、正式に開始 iPhoneはiOS 14必須 

iOS 14がインストールされたiPhone 8以降のiPhone、またはwatchOS 7.0以降がインストールされたSeries 3以降のApple Watch

Apple Pay and PASMO

PASMOのApple Pay対応は、10月6日9時30分頃より順次利用可能になる。PASMO公式サイトはこちらから。サービス開始後はアクセスの集中が予想されるため、設定できない場合は時間を置いて再度試すよう案内されている

PASMOはエクスプレスカードも設定でき、チャージ上限額は2万円。Walletアプリから登録できるが、専用アプリを利用すればiPhone内からPASMOの発行、定期券の作成などが可能だ。

またPASMOをApple Payで利用する場合、iOS 14が必須だという。使用可能デバイスは、iPhone 8以降のiPhone。Apple Watchで利用する場合は、watchOS 7.0以降がインストールされたSeries 3以降モデルと記されている。

ただしApple公式サポートページによると、日本国内で販売された iPhone 7iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2でも利用できるという。リーフレットには海外モデルを含めて「iPhone 8以降」「Apple Watch Series 3以降」と明記しているのだろう。

関連情報
更新日2020年10月06日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. iPhone7

    残念ながらiPhone7で発行できるのはSuicaだけみたいです、、、
    小さく書いてありました、、、

    https://support.apple.com/ja-jp/HT207155

    1. ニックネーム(任意)

      紛らわしい書き方ですね。Suicaのみ、設定できると書けばいいものを…

「スマホ決済・キャッシュレス」新着記事
トレンド検索