App Storeへの提出要件、4月25日よりXcode 13でのビルドが条件に

iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8用のSDKを含むXcode 13でのビルドが条件

App Developer Xcode13 01

Appleは2022年4月25日より、App Storeへ提出するアプリの要件を変更。iOS、iPadOS、およびwatchOS向けアプリについて、iOS 15iPadOS 15、watchOS 8用のSDKを含むXcode 13でのビルドが条件となる。詳細は、こちらのページより確認してもらいたい。

iOS 15iPadOS 15では、Safari Web Extension、SharePlay、Group Activities API、 Focus、ShazamKit、Create MLなどを活用できる。またApp Storeで、カスタムプロダクトページやApp内イベントを公開したり、プロダクトページの最適化のためのテストを実施可能だ。

watchOS 8では、常にAppを表示させておくことができる常時表示Retinaディスプレイや、コンプリケーションからのBluetooth接続、位置情報の範囲に基づくユーザー通知などが利用できる。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watchアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索