「Apple Watch」アプリ、6月1日以降の申請アプリはネイティブアプリであることが必須条件に

apple-watch-75-marketshare-strategy-analytics1.png

今後「Apple Watch」アプリを開発して申請しようと思っているデベロッパーの皆さん、要注目!

本日、Appleは2016年6月1日以降に申請される「Apple Watch」アプリは「watchOS 2 SDK」以降を利用したネイティブアプリであることが必須条件になる発表している

これでサードパーティ製の「Apple Watch」アプリの動作がキビキビすると期待したいところだが、ネイティブで開発されているであろうApple純正アプリの動作のもたつきを考えるとそれほど期待できないかもしれない。

今はお世辞にも盛り上がっているとは言い難い「Apple Watch」アプリ。ネイティブアプリを必須条件にし「Apple Watch」用アプリを充実させ、アプリプラットフォームとして活性化させる狙いもあるはず。

思惑通りになるかどうかはさておき、「Apple Watch」ユーザーとしては盛り上がることは歓迎したいところ。「WWDC 2016」でも何か発表されるのだろうか。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watchアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索