Google、IoT向けの新しいOS「Fuchsia」を開発していることが明らかに

Mr droid

【image via yhy_jp

IoTの時代が来る……ということはそれに適したOSも必要、ということ?!

Android Policeによると、現在、GoogleはIoT向けの新しいOS「Fuchsia」を開発していることが明らかになった!

「Pink + Purple == Fuchsia (a new Operating System)」

これは新OSのGitHubのリポジトリが発見され、明らかになった模様。タイトルに「Pink + Purple == Fuchsia (a new Operating System)」というキャッチフレーズのようなものが書かれているが、その意味は分かっていない。

「Fuchsia」はFreeRTOSやThreadXなどのIoT向けOSに対抗するために開発されたMagentaカーネルを採用。IoT向けの新しいOSと紹介したものの、MagentaカーネルはIoTデバイスに限らずスマートフォンからデスクトップコンピューターまでスケールすることができるとのこと。

となると、将来的にはAndroidからFuchsiaに移行する可能性もゼロではない。既にAndroidとChromeOSの境界線が以前よりも曖昧になっていることから、第3のOSであるFuchsiaの登場によりすべてのGoogleデバイスに採用されるOSが一本化されるというストーリーも興味深い。

そういえば、今年の4月にGoogleがAndroid用開発言語として「Swift」への移行を検討しているという噂が流れていたことを思い出した。これはその後、どうなったんだろうか。

(via The Next Web

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索