「iOS 13」には「iPad Pro」に特化した機能が多数追加される?

IPad Pro 2018 12 9inch Review 44

「WWDC 2019」では「iOS 13」が正式発表される見通し。最新バージョンではiPad専用ホーム画面などが用意されると噂されている。

YouTuberのdrikinさんが公開した動画『Macお宝鑑定団ダンボ兄貴に謝罪! – 今年のWWDCの期待などについても聞いてみた – #662』に出演したMacお宝鑑定団Blogのダンボさんによると、「iOS 13」には「iPad Pro」に特化した機能が多数追加されると予想している。

iPad Pro」でMacライクな操作性を実現する?

具体的な機能については明かしていないが、デバイスごとにOS名が変わるのではなく「iOS」のまま。従来は「iPad」と「iPhone」という2種類のデバイスに分けていたが、「iOS 13」からは「iPad Pro」「iPad」「iPhone」という3種類のデバイスで異なる機能が提供されるとのこと。

ダンボさんは詳細については言及していないが、過去に報じられたニュースを遡ると今年発表されそうな機能が見つかった。当初、2018年のiOSはiPad向けのメジャーアップデートになると言われていたが、それらの機能は2019年に延期されたとBloombergが2018年2月に報じている

そのメジャーアップデートには、1つのアプリ内で複数ウィンドウを表示可能にすることや、同一アプリ内で2つの画面を横並びで表示させることが含まれているとされていた。「Apple Pencil」の新機能や「メール」アプリで特定スレッドの新着メールの通知をミュートする機能なども噂されていた。

2018年5月にはBloombergの記者Mark Gurman氏が「iOS 13」のコードネームは「Yukon」と呼ばれること、iPad向けのアップデート内容が中心になるということをツイートしていた。「ファイル」アプリのアップデートや新しいホーム画面についても言及している。