2019年発表の「iOS 13」、iPad向けのアップデート内容が中心か

IPad Pro 10 5inch Review 01

2019年に発表される「iOS 13」はApple内部では「Yukon」というコードネームで呼ばれ、iPad向けのアップデート内容が中心になるとMark Gurman氏が明らかにしている。

具体的には「ファイル」アプリのアップデートや、以前も言及していたmacOSのようなタブ機能、同じアプリを2つ並べる機能などについて言及している。「Apple Pencil」に関するアップデート内容もあるようだが、詳細については触れていない。

今後もiPad向けのiOSアップデートが定期的に実施されるのか、気になる

Appleは「iOS 11」でiPad向けの機能を大幅強化し、ファイルシステム「Files」アプリの提供やドラッグ・アンド・ドロップの対応などが含まれていた。「iOS 13」はこれらの機能をさらに強化し、改良した内容になると見られる。

個人的には「iOS 11」から2年後の「iOS 13」で再度、iPad中心のアップデートになるという流れは気になる。今後のiOSはiPhone中心、iPad中心と1年ごとに注力するデバイスが入れ替わるようなアップデート内容になったりするのだろうか。

また、Gurman氏はiPhoneのホーム画面に関するデザインの見直しも「iOS 13」で行われることを説明。これについても以前、「iOS 12」の一部新機能を来年に延期し、性能と品質向上に集中するための決定として報じられていた。

iOS 12」はAR、健康管理、ペアレンタルコントロールなどの新機能が用意されると見られている。また、アニ文字をFaceTimeで利用可能になり、ビデオコールをしつつも自分自身の顔をアニ文字のキャラクターで代用することが可能になると噂されている。

iOS/macOS対応のユニバーサルアプリを開発できる機能が提供されると噂されていたが、先日、Daring FireballのJohn Gruber氏が2018年ではなく2019年に発表されることを明らかにしていた。

あわせて読みたい