【iOS 11】「ARKit」によって「マップ」アプリが劇的に進化する可能性

ARKit iOS11 Helps Maps

iOS 11」にはiPhoneとiPadでAR体験を可能にする「ARKit」が用意されている。カメラを利用し、現実の風景上に詳細でバーチャルコンテンツを重ねることができるため、オンラインとオフラインが融合したコンテンツの普及が期待される。

本記事の後半に、デベロッパー達が公開している「ARKit」の活用例を載せておくが、今回紹介するのはその中でも極めて実用性の高い「マップ」アプリにおける「ARKit」の活用例。

Andrew Hartさんは、「ARKit」と「CoreLocation」を利用し、カメラをかざした時に画面上に映る建物の名前や現在地からの距離を表示してくれる機能や、経路案内の際に具体的にどの道をどのように曲がるべきなのかを画面上に表示してくれる機能などを投稿していたので、紹介する!

ARKitによって経路案内は大幅に強化されるかも

見慣れない土地だと、地図を見てもどこがどこだか分からない、ということもあるだろう。今回投稿された機能を利用すればそのような心配から解放される。

特に経路案内はものすごく便利そうだ。曲がるべきところが確実に分かると言うだけではなく、画面を見ながらでも画面内に通行人など周りの情報が見える点も優れている。

以下、どうぞご覧あれ!

ARKitを利用したその他のサンプル動画まとめ

以下にARKitを利用した利用例が動画として多数公開されていたので、紹介する!ARKitは可能性に満ち溢れている。












iOS 11」は今秋に正式リリース予定。

(via 9to5Mac

あわせて読みたい