10月23日に予定されている「iPad mini」発表イベントではiBooksに関する発表がされるかも?

ibooks

なるほど、「iPad mini」は読書がメインのユースケースとして想定されているのか…。

The Next Webによると、10月23日に予定されている「iPad mini」の発表イベントではiBooksに関する発表がされる可能性が高いようだ!


小型タブレットで先陣を切ったAmazonのKindle Fireは価格の低いタブレットを提供した結果、コンテンツ売上を増やすことに成功している。iPhone 3GSを無料で購入できるようにするなど、所得に関わらず1人でも多くの人に製品を利用してもらえるようにしてきたAppleも同様の方針で「iPad mini」を展開していくことが予想できる。

これが仮に正しいとすれば、より安い価格で提供するためにiPad mini」のRetinaディスプレイは無いと考えた方が良さそうだ。来年あたりに発表される可能性はあるが、今回の発表でRetinaディスプレイの搭載は考え難いだろう。

また、今回iBooksが新製品発表と同時に取り上げられるのは、新たなフィールドでの売上アップを目指しているからかもしれない。よって、Appleは「iPad mini」のユースケースとしてiBooksを中心とした電子書籍を想定している可能性が高い。iBooksはまだまだ伸びる余地はあるだろうからね!(僕も未だに大して使っていない

10月23日にまであと10日。本当であれば週明けぐらいにプレス向けの招待状が送られてくると思うので、楽しみに待っていよう!!

(via AppleInsider

もっと読むiPadまとめ