iPadが最も使われている時間帯は、寝る前だった

URL短縮サービスBit.lyが出した調査結果によると、一日のうち、最もiPadが利用される時間帯は20時から寝るまでの時間だということが分かった。

ipad
【img via Cult Of Mac

上記がiPad単体で見た時の利用時間帯である。モバイルサービスの傾向でもあるのだが、朝食時から出社時までと退勤後から寝るまでの時間が一般的にアクティブ率が高い時間となっている。iPadの場合も大体7、8時ぐらいの間に最初の山が来て、18時から22時前ぐらいまでアクティブ率が増えていることが分かる。

ただ、他のモバイル・PCデバイスと比較したときに、いかにiPadが飛び抜けて夜に利用されているかが分かるグラフを以下に紹介する。

ipad
【img via Cult Of Mac

確かに上記にも書いた通り、朝と夜で2つの山ができているものの、夜になるとiPadのアクティブ率が非常に高くなっていることが分かる。実際、僕も朝はiPadでRSSフィードを同期して電車の中で読み、夜は風呂あがってからはiPadで適当にブラウジングしてから寝ることが多い。

iPad利用者のみなさんも、やはり統計に出ている時間帯で使うことが多いのかな。

(via Cult Of Mac

もっと読むiPadまとめ