“忍者プロデュース”を謳う謎の「iPhone 7」用クリアケース「KINTA」、CAMPFIREに登場

kinta-iphone7-case-06

ジャパニーズ忍者がプロデュースしたという「iPhone 7」用ケースが突然クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」に登場した。一体何事かと思ったら、以前セール商品として紹介したことがあるAndMeshの兄弟ブランド「KINTA」のことだった。今後ウェブ直販ブランドとして販売するために資金調達を行うことを決めたらしい。

ところが忍者プロデュースとは一体ナニゴトだろうか。まずはクラウドファンディングサイトに掲載されていた紹介動画をチェックしてみよう。

僕自身、クラウドファンディング発のサービスは気になる物が多く、実際に購入しているものもあれば紹介しているものもちらほらあるが、ここまでシュールな紹介映像を見たのは初めてかもしれない。小さい頃の夢が忍者だった僕でさえちょっと意味が良く分からない。

致し方ないので、「iPhone 6s」の頃に「KINTA」を使っていた僕が「KINTA」の魅力について紹介しておく!

触り心地が優れた、保護力の高い高品質クリアケース

現在、CAMPFIREで資金調達を行っている「KINTA」は「iPhone 7」用クリアケース。特に今回はブラックやジェットブラックなど新色を購入した人も多く、せっかくなら新しいカラーを見せびらかしたい……という思いはありつつもやはりケースは付けておきたい。

そこで今回の「KINTA」だ。クリアケースなので本体の見た目はそのまま。ジェットブラックだろうとローズゴールドだろうとiPhone本体を保護しつつカラーを透けて見せつけることができる。

Kinta iPhone7 Case

ただ、クリアケースはいくらでもある。なぜあえて出資するような形で「KINTA」を選ぶべきなのか。これは、AndMeshブランドのエストラマー製であることが最大の理由だろう。

傷が付きにくく優れた耐摩耗性と割れない耐久性を実現した素材、それが「エラストマー」。シリコン製ソフトケースのようにベタつくこともなく、柔らかすぎず。そしてクリアケースあるあるの「取り付けた時に背面に空気砲ができ見た目が悪くなる」という状態にならないようにジャストフィットするように設計されている。

Kinta iPhone7 Case

僕は必要としていないが、意外と需要の多いストラップホールも用意。背面は握り心地を徹底的に追求した僅かなカーブがあるラウンド構造になっているため、手に持つとしっくり来る。他のクリアケースにはない、純日本製だからこそ追求できるクオリティが実現されている。

Kinta iPhone7 Case

「KINTA」は本日からCAMPFIREにて資金調達を開始。成功すれば10月30日から製造を開始し、11月31日に商品を発送開始予定。投資したい人は下記からどうぞ!