DJIの最新空撮ドローン「Spark」がバカ売れする予感!ジェスチャーコントロール、被写体追尾機能に対応

DJI Spark Hero

DJIは5月25日、最新の空撮ドローン「Spark」を発表した。価格は税込み65,800円となっていて2017年6月15日から順次発送を予定している。

現在、DJIが提供しているドローンのラインアップは1インチ2,000万画素CMOSセンサー「Exmor R」を搭載し4K@60fpsが撮影可能な最上位モデル「Phantom 4 Pro」と、4Kが撮影可能でありながらも折り畳むことができる「Mavic Pro」があるが、「Spark」は「Mavic Pro」よりもさらにコンパクト。

カメラセンサーは1/2.3インチCMOSを使用し、有効画素数は1,200万画素。ISOレンジは動画が100~3200、写真が100~1600となっている。

写真の静止画サイズは最大3,968×2,976ピクセル。動画は4K撮影には対応せず、最大フルHD(1,920 x 1,080)の30fpsとなっている。

最大飛行時間は20k/hの一定速度で無風時だとした場合16分、無風時における最大ホバリング時間は15分。用意されている1,480mAhのバッテリーはフル充電する場合は標準のUSBケーブルで80分、充電ハブを使用した場合はバッテリー1個で52分となっている。

サイズは143mm × 143mm × 55mm。実際に握っているところを見るとプロペラ部分を除いた本体はペットボトルと同程度の大きさだ。

Size of Spark

重量は300g。よって、日本国内では飛行できるエリアは限られるという点は非常に残念だが、それでもこのドローンは世界的にバカ売れする予感しかしない。

ジェスチャー操作が魅力!初心者向けのドローン

何がそれほど魅力的なのか。一言で言うのであれば、価格の手軽さ操作のしやすさだろう。

価格は手軽とは言え、安いわけではない。ただ、「Phantom 4 Pro」は204,000円、「Mavic Pro」は129,800円もする。65,800円という価格帯は「ドローンが高いのは分かるけどさすがに10万円超えはちょっと……」という人にとって「買っても良いかも」ゾーンに入る可能性がある。

価格以上に売れる予感を感じさせるのはその操作性。これが驚くほどよくできている。

「Spark」で最低限の撮影をするためにはスマートフォンや専用コントローラーで操作する必要がない。もちろんそれらを使うことによってより高度な撮影が可能になるが、ジェスチャーコントロールを使用することによってカジュアルにドローンを活用することができるのだ。

この操作方法を語る上で欠かせないのが顔認識機能。「Spark」を手のひらに置き、カメラを自分の顔に向けて電源ボタンを押すとあなたを操縦士だと認識。プロペラーが回転し始め、手のひらから離陸する。記事後半にあるレビュー動画で解説されているが、帽子を被っていてもグラサンをかけていても髭をしていてもしっかりと認識してくれる。

そこからはジェスチャーコントロールの出番だ。手のひらを差し出し、左右上下に操作することができ、手を振ると自分の近くまで戻ってきて手を本体の下に置くと着陸する。

ホバリング中、両手の人差し指と親指でフレームを作ると3秒後にシャッターが切られ、自撮り棒では絶対に撮影できないようなセルフィが撮影できる。

専用のスマホアプリを使用すれば、タップ1つで予めプリインストールされた映画のようなカメラワークを楽しめる「クイックショット」、障害物を認識しながら画面内でタップした方向に飛行する「タップフライ」、被写体を自動的に追尾し移動速度に合わせて撮影してくれる「アクティブトラック」も魅力的。

要は、本来であれば熟練したテクニックが必要とされるような高度な飛行方法と撮影方法を組み合わせた動画が撮影できる「Spark」は、敷居が高かったドローンをより身近なものにしてくれるきっかけや仕組みが多数用意されているのだ。だからこそ、バカ売れする予感しかしないのだ。

言葉で説明してもピンと来ない機能も多々あると思うので、以下の公式動画をご覧あれ!個人的に何度も見ているが、見るたびに欲しくなるので要注意。

「DJI Spark」の実機を使用したハンズオン動画

海外では早速「Spark」のハンズオン動画やレビュー動画が多数公開されている。「公式動画のように本当にあんな簡単に使えるの?」という疑問を解消してくれるはず。

公式動画にある通り、本当に簡単に操作することができているようで、全員が全員、ジェスチャーコントロールに感動している。僕も改めて感動した。そして欲しくなった。ドローン、凄いなあ。



上記は英語の動画ばかりだが、日本の発表会イベントに参加していたKoh AokiさんことドリキンさんとMacお宝鑑定団Blogのダンボさんも当日の様子を動画で撮影していたようなので、載せておく!屋内でも安定して飛行している点は素晴らしい。


Apple新学期を始めようキャンペーン