DJI、「Mavic 2 Pro」「Mavic 2 Zoom」を正式発表

DJI Mavic 2 Pro Zoom Official Release

DJIは8月23日、ドローンの新モデルとして「Mavic 2」シリーズを正式発表した。2モデル発表されたうち、「Mavic 2 Pro」は「Hasselblad L1D-20c」カメラを搭載し、「Mavic 2 Zoom」は24–48mmの光学ズームカメラを搭載している。

価格は、「Mavic 2 Pro」が189,000円、「Mavic 2 Zoom」が162,000円となっている。Apple公式サイトでも取り扱いが開始されている。

超高画質の映像撮影 or フレキシブルなズーム撮影

今回、種類の「Mavic 2」が登場した。大きな違いは下記の通り:

Mavic 2 Pro Mavic 2 Zoom
Hasselblad L1D-20c カメラ 24–48 mm 光学ズームカメラ
20 MP 1インチ CMOS センサー 12 MP 1/2.3インチ CMOS センサー
絞り調整 F2.8 – F11 48MP 超高解像度写真
10-bit Dlog-M カラープロファイル ロスレス4倍ズーム フルHD動画
10 bit HDR 動画 ドリーズーム

「Mavic 2 Pro」の特徴

「Mavic 2 Pro」に搭載されている「Hasselblad L1D-20c」カメラは、Hasselblad社が独自に開発した「ハッセルブラッド ナチュラルカラー ソリューション(HNCS) 6」技術を搭載し、色彩の細部まで忠実に再現できる20MPの空撮映像を撮影することができる。

1インチ型のCMOSセンサーを搭載し、より多く光を取り込むことが可能に。低照度環境下でも優れた性能を発揮し、ISO感度の設定範囲は拡張され、ISO上限値は3200から12800へ引き上げられているという。

また、「10-bit Dlog-M」カラープロファイルやHDR動画に対応している。

「Mavic 2 Zoom」の特徴

「Mavic 2 Zoom」は引き続き1/2.3インチ12MPセンサーを採用しているものの、光学2倍ズームレンズ(24mm – 48mm)に対応し、デジタルズームと合わせると最大4倍のロスレスズームが可能。 建物、乗り物、動物、人物から一定の距離を保ちながら撮影できることが魅力。

搭載されているハイブリットオートフォーカスは従来モデルより最大40%早く、高度なフォーカス精度が実現されている。

新しく搭載された機能として「クイックショット」の「ドリーズーム」が追加されている。機体を後退しながらズームインすることにより、背景だけが迫ってくるようなエフェクトを加えることができるため、まるで空間が歪んでいくような不思議な視覚効果が得られるという。

また、新しい超高解像度機能として、広角で写真撮影した場合、カメラは望遠レンズで9枚の写真を撮影・合成することにより、48MP超高解像度写真を作成することができる。