学生みんなが特待生。

それ本物?Lightningアクセサリの偽造品を見分ける方法が公開

Lightningケーブルの偽造品を見分ける方法

Lightningケーブルを始め、Lightning関連製品は高い。少しでも安いアクセサリがあると思わず手を出してしまう。

最近ではAppleから認定を受けているMFi認証済み製品も多少値下がりしつつあるが、未だに認定を受けずに格安で販売されているアクセサリは多数存在する。

買ってからでは遅い。AppleがLightningアクセサリの偽造品を見分ける方法を公開していたので、紹介する!

非認定のLightningアクセサリまたは偽造品を使用する問題点

そもそもAppleから認定を受けていないLightningアクセサリを使用するとどのような問題が起きるのか。Appleは以下を挙げている。

  • デバイスの損傷
  • 同期の問題
  • ケーブルの損傷
  • 充電の問題
  • ケーブルが正しくはまらない
  • コネクタの端が外れる
  • コネクタが過熱する

via Lightning コネクタアクセサリの偽造品または模倣品を識別する – Apple サポート

「このアクセサリは対応していません」や「このアクセサリは充電に対応していません」などの表示を見たことはないだろうか。多くの場合、非認定のアクセサリを使用している場合、このような警告が表示される可能性が高い。

Apple純正アクセサリまたはMFi認証済みアクセサリを見分ける方法

では本題である、Apple純正アクセサリまたはMFi認証済みアクセサリを見分ける方法を紹介する!

MFi認証済みアクセサリの見分け方

まずはAppleから認定を受けている商品の見分け方。MFi認証を受けている製品はパッケージにMFiロゴが必ず表示されているはず。以前レビューした「KERO Lightning Nomad Cable」にもその記載があることが確認できる。

KERO Lightning Nomad Cable

パッケージだけではなく、ケーブル本体を見て見分ける方法もある。通常、Lightningコネクタのブーツ部にメーカー名が記されているとのこと。

Lightning cable

上記はMFi認証を取得しているCable Matters製LightningケーブルAnker製Lightningケーブル。確かにどちらもメーカー名が記載されている。

Apple純正Lightningケーブルには「Designed by Apple in California Assembled in China」と印字されている

Apple純正の「Lightning – USBケーブル」であるかどうかはケーブル本体に書かれている印字で判別できる。

Lightning cable

上記写真を良く見ると「Designed by Apple in California Assembled in China」と明記されている。このテキストの後ろに12桁または17桁のシリアル番号が印字されている。これはUSBコネクタ部分から約18cmに必ずあるので、「Lightning – USBケーブル」が手元にある人はチェックしてみるべし!

Appleのサポートページに30ピンアダプタやMicro USBアダプタの偽造品を見分ける方法が写真付きで解説されているので、「騙されたくない!」という人は以下からどうぞ!

(via Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)