iPhone 12 mini、MagSafeでの充電は最大12W出力に制限される

MagSafeの出力を最大化するためには、iPhoneを載せる前にコンセントに挿すことが重要

Charging iPhone12Pro with MagSafe 02

Appleが11月3日、MagSafe充電器サポート文章を公開。最大15Wの高速ワイヤレス充電を利用する場合、使用する電源アダプタはUSB-Cコネクタを搭載し、9V/2.22Aまたは9V/2.56A以上の電力供給が条件と判明した。

iPhone 12 miniは最大出力が12Wに制限される。その代わり必要とする電源アダプタは、9V/2.03A以上の電力供給があれば十分だと説明されている。

なおiPhoneにLightningヘッドホンなどのアクセサリーが接続されている場合、規制基準に準拠するため7.5W充電に制限される。

サポート文章によると、MagSafe充電器は予めコンセントに接続しておくことが重要だという。MagSafeが最大出力の可否を判断するために必要な手順であり、コンセントに挿す前にiPhoneを置いてしまった場合はiPhoneを外してから3秒待ち、再度載せることで最大出力が得られる。

(Source: AAPL Ch.

関連情報
タグ#MagSafe
更新日2020年11月04日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone用ワイヤレス充電器」新着記事
トレンド検索