Google AuthenticatorのiPhoneアプリで2段階認証用パスワードをエクスポートする方法

従来のように各サービスごとに登録し直す必要はなくなった

Google Authenticator App

Google AuthenticatorのiPhoneアプリは2020年12月2日、アップデートでアカウントの移行機能を実装した。アプリのデザイン刷新、ダークモード対応も行われている。

Google Authenticatorは、2段階認証用コードを管理するアプリ。iPhoneを機種変更した場合、従来は各サービスにログインし、1アカウントずつ移行手続きを行う必要があった。最新バージョンでは、「アカウントのエクスポート」機能が実装。一度に最大10個のアカウントをエクスポートできるようになった。

本記事は、Google AuthenticatorのiPhoneアプリで管理している2段階認証用パスワードをエクスポートする方法を解説する。

管理しているアカウントをエクスポートする方法

Google Authenticatorアプリを開き、右上にある「…
」ボタンをタップすると表示される「アカウントのエクスポート」を選択する。
How to Export Google Authenticator 01

「別のデバイスにアカウントをエクスポートできます。一度に最大10個のアカウントをエクスポートできます。」と表示され、Face IDの使用許可を求めるポップアップが表示される。
How to Export Google Authenticator 03

許可後、エクスポートするアカウントを選択し、右下にある「エクスポート」ボタンをタップすれば完了だ。
How to Export Google Authenticator 02

関連情報
更新日2020年12月06日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneアプリの使い方・設定」新着記事
トレンド検索