「iOS 13」のNFCタグのサポートにより、iPhoneでマイナンバーカードが読み取りに対応へ

確定申告や保育施設の利用、児童手当や健康診断の受診などをiPhoneから申し込み可能に

Matteo fusco 493305 unsplash jet black iphone7

iOS 13」をインストールしたiPhoneからマイナンバーカードのICチップの読み取りをサポートする日本経済新聞が報じている。政府の専用アプリからカードをかざして本人確認し、児童手当の申請や確定申告が可能になるとのこと。

マイナンバーカードの技術仕様と利活用方式」(PDF)によると、非接触インタフェースとして「ISO/IEC 14443 TypeB」に準拠していることが記載されている。

Appleは「iOS 13」において「Core NFC」をアップデートし、「ISO14443」「ISO15693」「ISO18092」のNFCタグをサポートし書き込みにも対応することを発表していることから、技術的には利用可能になると見られる。

利用可能なデバイスが大幅に増える見通し、マイナンバーカードの普及に期待

マイナンバーカードの普及率は13%。一部Androidスマートフォンでは対応しているものの、iPhoneは非対応、パソコンでも専用のICカードリーダーが必要となっていたことから使い勝手が悪かった。

「iOS 13」によって「Apple Pay」に対応するすべてのiPhone(「iPhone 7」以降)で読み取ることができれば、マイナンバーカードの普及に期待ができる。

そのためには専用アプリが必要不可欠。内閣官房情報化統括責任者補佐官を務める楠正憲氏は準備を進めているとコメントしている。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索