Apple、2025年までに25%のiPhoneモデルをインドで製造か

ベトナムも2025年までに2割のApple WatchやiPad、6割以上のAirPodsを製造との報道

Apple iPhone 14 iPhone 14 Plus hero 220907

Appleは今後、中国以外におけるiPhoneの製造比率を増やす計画がある。Reutersによると、2025年までに全体の25%がインドで製造されるという。

すでにiPhone 13など一部モデルはインドで製造されており、今後iPhone 14も追加される予定。2022年末までにはiPhone 14シリーズの5%はインドで製造されと見られる。iPhoneにくわえて、Mac、iPad、Apple Watch、AirPodsなどの各種製品も、製造数の25%をインドに移行する計画を予測している。

ベトナムも製造拠点として強化される計画が報じられている。TechCrunchによると、2025年までにiPadとApple Watchの20%、MacBookシリーズの5%、AirPodsシリーズの65%が同国で製造される。

ベトナムでは今年6月、中国以外で初となるiPad製造拠点としてBYDの工場が稼働開始している。

(Source: Reuters via MacRumors

公開情報
更新日2022年09月23日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索