ダウンロードされているアプリのうち、72%がアプリ内課金に対応

最近の調べによると、App Storeでダウンロードされているアプリのうち、72%がアプリ内課金型のアプリであることが分かった。

free apps
【img via Cult Of Mac


上記グラフの通り、現在のApp Storeの分布は

  • アプリ内課金対応の無料アプリ:48%
  • アプリ内課金対応の有料アプリ:24%
  • 有料アプリ:28%

となっていて、アプリ内課金に対応するアプリは2010年に比べて34%も伸びたそうだ。先日3回目の誕生日を迎えたApp Storeの登録アプリ数42万5000個以上だったので、アプリ内課金に対応するアプリ数は30万個以上あることになる。

いちいちApp Storeにアクセスすることなく追加アイテムや機能をアプリの中でポチッと購入できる気軽さがアプリ内課金の成功の要因の一つかもしれない。

(via Cult Of Mac

あわせて読みたい