iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの中身が透けて見える壁紙が公開

通常バージョン、X線バージョンの2種類が用意

Ifixit iphone13pro wallpapers 01

iPhone 13 Proを分解したiFixitが、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの中身が透けて見える壁紙公開した。通常バージョン、X線バージョンの2種類が用意されている。

iPhone 13 Proの分解レポート

iPhone 13 Proの分解レポートによると、注目度の割には話題性に欠けたノッチの小型化は、2つの要因によって実現。

1つ目は、受話スピーカーがノッチの外に移動しベゼル部分に埋め込まれたこと。2つ目は、フラッドイルミネーターとドットプロジェクターが1つのモジュールに統一されたこと。Appleは、Face IDの画面内蔵化を目指しているとされている。

内蔵バッテリーはL字型で、容量は11.97Wh。iPhone 12/Proに内蔵されていたバッテリーは10.78Whだった。

ディスプレイはApple公式またはApple正規サービスプロバイダ以外で交換すると、キャリブレーションツールが使用できないためFace IDが利用不可になる。万が一ディスプレイを割ってしまった場合は、正規店に持ち込もう。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone 13 Pro」新着記事
トレンド検索