「iPhone 7」のカメラレンズ、サファイアガラスの純度が低いことが判明

Iphone camera lens revealed

以前、「iPhone 7」ブラックモデルの引掻きテストを実施したJerryRigEverythingは1つはサファイアガラスが耐えられるはずの強度に耐えられていないことから「iPhone 7」にはサファイアガラスが使用されていないのではないかと指摘。

これに対し、Phil Schiller氏はこの噂を全否定。ホームボタンとカメラレンズはサファイアガラスを採用していると発言した。

ところが、サファイアガラスが耐えられるはずの強度に耐えられないのはおかしい。疑問に思ったJerryRigEverythingはより細かく「iPhone 7」のカメラレンズを解析。その結果、「iPhone 7」のカメラレンズに使用されているサファイアガラスの純度が低いことが判明した!

レンズの外側を中心にサファイアガラスを使用

今回の調査結果によると、確かにカメラレンズにはサファイアガラスが使用されていることが確認できている。それは事実なのだが、比較対象として用意されたTISSOTの腕時計のように本来サファイアガラスが本来耐えられる強度に耐えられない原因を動画内では追求している。

結果、「iPhone 7」のカメラレンズには多数のカーボンやシリコンなどの不純物が含まれていることを発見。一方、TISSOTの腕時計はこのような不純物が発見されていない。これが強度が本来よりも低い原因として考えられると指摘している。

また、カメラレンズの内側にはシリコンとニオベによる薄いコーティングが施されていることが判明。これは内部の反射を抑えるために用意されていると解説されている。

以下、少々専門的で難しいが、気になる人はどうぞご覧あれ!

ところでなぜAppleはあえて純度の低いサファイアガラスを使用しているのだろうか。動画内に解説されているが、Appleが取得した特許によると、製造コストを抑えるための技術であることが明記されている。

Appleとしては強度が高ければ良いというのではなく、コストを抑えながらも必要十分な強度にすることを目指したのだろう。僕自身、カメラレンズが割れたという人の話は聞いたことがないので、この選択で問題なかったということなのだろう。