7.5W高速ワイヤレス充電はApple独自仕様、対応充電器は2機種

iPhone 8/8 Plus」および「iPhone X」がワイヤレス充電に対応してお陰で、ワイヤレス充電市場は一気に広がった。各メーカーから次々とワイヤレス充電台が投入され、中には15Wなどの高速ワイヤレス充電への対応を謳っている製品もある。

Macお宝鑑定団Blogが「CES 2018」に出展していたワイヤレスパワーコンソーシアム(WPC)に取材したところ、7.5W高速ワイヤレス充電はAppleの独自仕様であることが判明。

まだ一般公開されていないQi仕様書「Qi specification Ver1.2.3」の情報には5W、8W、12W、15Wのコイル仕様について明記されているものの、7.5Wに関する記載はないとのこと。

さらに、Power Profile「Basic Power Profile (5 Watt)」と「Extended Power Profile (15 Watt)」の仕様が存在し、WPCの認証を受けた8W以上のQiワイヤレス充電器だとしても最大充電力で7.5Wはカバーされるというわけではない模様。

これは一体どういうことなのか。

12Wや15W対応充電器は高速ワイヤレス充電できない

非常にシンプルにまとめると、iPhone 8/8 Plus」および「iPhone X」を15Wのワイヤレス充電台に置いたとしても、7.5Wの高速ワイヤレス充電は利用できない、ということだ。

それどころか、7.5Wに対応していることが明記されていない限り、iPhone 8/8 Plus」および「iPhone X」は5W充電になるとのこと。

「いや、15Wのワイヤレス充電台に置いたら充電時間が短かった」と口を尖らせる人もいるはず。僕も体感としては15Wのワイヤレス充電台の方が5Wのワイヤレス充電台より早く充電できているような印象があった。

残念ながら、これは高出力設計によってロスが少なくなっているだけ。基本的に5Wまでの出力しか実現できていないようだ。

もちろん、対応するAndroidスマートフォンなどであればその高出力を活かすことができるかもしれないが、少なくとも今ある「iPhone 8/8 Plus」および「iPhone X」で7.5W高速ワイヤレスワイヤレスを利用するためには、記事執筆時点では「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」または「mophie wireless charging base」の2機種しかこの世に存在しない、ということになる。

もっと読むiPhone 8まとめ
もっと読むiPhone 8 Plusまとめ
もっと読むiPhone Xまとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン