「iPhone X」の出荷台数、11月以降に大幅改善か

iPhone X 登場

DigitimesがAppleのサプライチェーンから入手した情報によると、iPhone X」用部品の歩留まり率が改善され、供給が安定してきていることから、11月以降、出荷台数は大幅に改善される見通しであると伝えている

関係者によると、チップの出荷スケジュールは計画通りに進んでいるとし、各メディアで報じられている遅延に関しては認識していない模様。

遅れの原因とされてきた3Dセンサーのモジュールの歩留まりも改善傾向にあり、ホリデーシーズンに向けてAppleが要求する出荷台数を満たすことができると予想されている。

歩留まり率は改善傾向だが、入手困難は2018年以降も?

ただし、それでも「iPhone X」の需要は供給量を大きく上回る可能性が高く、2018年3月頃までは入手が難しくなると見られる。

先日、Foxconnが「iPhone X」の出荷を開始したと伝えられ、過去の傾向から国内の初回販売時における在庫数は7万台以下になる、とMacお宝鑑定団Blogが予想していた。

「iPhone X」の予約受付は10月27日、発売日は11月3日。

もっと読むiPhone Xまとめ
あわせて読みたい