やはり売れ行き不調?「iPhone XS/XS Max」と「iPhone XR」の発注数削減との報道

IPhone XR First Impression Review 01

Appleが「iPhone XS/XS Max」および「iPhone XR」の発注数を削減したようだ。2018年に発表された最新機種はAppleが予想していた売れ行きを下回っていると考えられる。

WSJによると、Appleは世界的なスマートフォン情勢および中国市場の予想を下回る需要を踏まえた上でiPhoneの発注数を正確に予想できず、サプライヤーまで影響が及んでいるとのこと。

世間的に「iPhone XS/XR」の反応はイマイチ?

特に予想が大きく外れていると報じられているのが「iPhone XR」。当初は9月から来年2月までに7,000万台を発注予定だったものの、Appleは10月下旬頃、サプライヤーに対し最大3分の1の削減を要請したと伝えられている。

また、先週1週間のうちにAppleは「iPhone XR」の製造計画をさらに縮小するよう、指示したとされている。

関係者によると、より多くのiPhoneモデルを提供することによって必要とされる部品や端末数の予想が難しくなっていると指摘している。現在、Appleは「iPhone XS/XS Max」、「iPhone XR」、「iPhone 8/8 Plus」、「iPhone 7/7 Plus」の7種類をApple公式サイトで取り扱っている。

Ming-Chi Kuo氏も「iPhone XR」の予想出荷台数を当初予想していた2019年9月までの出荷台数を1億台から7,000万台まで下方修正。日本経済新聞は11月5日、Appleが「iPhone XR」の増産中止をFoxconnとPegatronに対し要請したと報じ、代わりに「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」の増産を図っていると伝えられている。

個人的には「iPhone XS/XS Max」よりも「iPhone XR」を買うべきと思うほど気に入っていて、ファーストインプレッションとしても良い端末だと感じているが、少なくともインターネット上の意見を見る限りではベゼルの厚さやディスプレイの品質などを批判する声が散見される。

あわせて読みたい