iPhone XR ファーストインプレッション:2018年のダークホース

IPhone XR First Impression Review 16

2018年の注目モデルiPhone XR」が発売された。

「iPhone XS/XS Max」よりも「iPhone XR」を買うべきと本気で思っているぐらいには「iPhone XR」は魅力的な端末であり、大多数の人は「iPhone XR」で十分満足できるどころか、満足度が高いのではないかとさえ思う。

僕も早速「iPhone XR」のイエローモデルを入手。一体感のあるブラック、純白なホワイト、印象に残るコーラル、青空のようなブルー、色濃いレッドという選択肢もある中、元気がでるイエローを選ぶことに。

まだ使い始めて間もないが、間違いなく2018年のダークホースだと確信した。この端末、みんなが思っている以上に素晴らしい!

本記事では「iPhone XR」のファーストインプレッションとして思ったこと・感じたことをまとめて置く!

最新端末であることが一目瞭然、背面が美しい

IPhone XR First Impression Review 02

真っ先に声を大にして言いたいのは、スペースグレイ・シルバー・ゴールド以外のビビッドでカラフルなカラーバリエーションが用意されていることが最高だということ。カラバリ、最高!

手に持っているだけで「新しいモノを買った」という自己顕示欲が満たされ、6色もあるので他人と被る確率が低くなる(イエローは意外と人気らしくて僕はすでに被りまくりだが……ぐぬぬ)。色合いも落ち着いたカラーではなく派手なので目を引く。

ケースなしが理想だが、クリアケースを装着するだけで様になるのは「iPhone XS」よりも「iPhone XR」だろう。

何よりも僕は背面のシングルレンズが好きだ。「iPhone XS」のデュアルレンズはゴツゴツとしていて取ってつけたようなデザイン。端末との一体感に欠ける。

IPhone XR First Impression Review 05

「iPhone XR」もレンズの突起はあり、「iPhone 8 (PRODUCT) RED Special Edition」のような本体との一体感はないものの、レンズそのものの存在感が控えめだと感じる。カメラとしての性能はさておき、2つより1つの方が見た目が洗練されているよなあ。

ディスプレイの印象は「いつものApple」で十分美しい

IPhone XR First Impression Review 03

「iPhone XR」が廉価モデルと言われる最大の理由はそのディスプレイ。「iPhone XS」と比べても解像度が低く、有機ELではなく液晶を採用していることが理由だと考えられるが、実際に目の前にして断言できる。

全く違いが分からない。いや、本当に。

iPhone XS Max」と並べてじっくり眺めてみると違いが見えてくるかもしれない。同じコンテンツを表示した状態で並べたらその差に愕然とするかもしれない。

ただ、iPhoneは2台見比べながら使うものではない。それをやるのは業者とテックジャンキーぐらいだ。あと、僕。普通の人はそのような使い方をしない。

ベスト・オブ・ベストということにこだわるのであればそもそも「iPhone XR」を検討していること自体間違っているだろう。「iPhone XR」のディスプレイは見ている限りではAppleクオリティを実現し、とても美しい。

久しぶりにRetinaディスプレイを搭載しない「MacBook Air」の画面見た時の「うわっ、ディスプレイの解像度低い……見づらい……」という感覚は全くなかった。

ベゼルの幅は多少気になるが、言うほど気にならない

IPhone XR First Impression Review 17

ディスプレイでもう1つ指摘されているのはベゼルの幅

確かに「iPhone XS」よりは存在感があり、気にならないと言えば嘘になるが、他のiPhoneと見比べながら使うわけではないのですぐに慣れそうな気がした。

ベゼルが極限まで少ない方が格好良いことには間違いないが、軽くYouTubeで動画を見てみたところ、特に気にならなかった。これも慣れかもしれない。

フレーム部分が黄色と言うよりゴールドなのでイマイチ

IPhone XR First Impression Review 09

購入したのはイエローモデルだが、フレーム部分はイエローと言うよりはゴールド。これは個人的にちょっとイマイチだ。

背面のガラスはビビッドな色合いが採用されているが、フレームは少しくすんでいる。毎回持ち上げる度に「このフレームが背面のようにビビッドな仕上がりだったらなあ」と思ってしまう。しばらくしたら気にならなくなるのかなあ。

アンテナラインもなんとなく気になってしまう。期待していたような一体感がないような気がして。

「小さくなった iPhone XS Max」という印象

IPhone XR First Impression Review 01

「iPhone XR」は「iPhone XS」より大きく、「iPhone XS Max」より小さい。

手に握った印象だと「大きくなった iPhone XS」というよりも「小さくなった iPhone XS Max」という印象の方が強い。僕が普段「iPhone XS Max」を使っているからだろうか。

ウェブコンテンツを見る時の印象も「iPhone XS」よりも「iPhone XS Max」の方が近い。それもそのはず。「iPhone XS」のディスプレイは375ポイントだが、「iPhone XS Max」と「iPhone XR」はどちらも414ポイント

IPhone XR First Impression Review 04

つまり、「iPhone XS Max」と同じようなコンテンツの見え方でありながらも「iPhone XS Max」より物理的に小さいため、扱いやすい。相変わらず片手で操作することは難しいが、操作しやすく感じる。握った時のフィット感が良い。

広角カメラのポートレートモードの使い勝手が良すぎる

IPhone XR First Impression Review 06

「iPhone XS」シリーズは広角レンズと望遠レンズを利用してポートレートモードを実現しているが、「iPhone XR」は「A12 Bionic」チップのパフォーマンスを活かし、ソフトウェアで実現している。

どうやら「iPhone XR」には人物を認識するための膨大なデータが含まれているという話を聞いた。そのため、人間以外にはポートレートモードが適用できないが、逆にポートレートモードを人物以外に適用することの方が少ないので、個人的には問題なし。

「iPhone XR」のポートレートモードは「iPhone XS」シリーズと同じ広角レンズが利用できる。これによって以下のメリットがある:

  • 広い画角でポートレートモードが利用できる → 複数人で撮影する時でも利用しやすい
  • 明るいレンズでポートレートモードが利用できる → 暗い場所でもポートレートモードの写真が粗くなりづらくなる
  • 望遠レンズを必要とせずにポートレートモードが利用できる → 「近づいてください」「離れてください」を気にする必要が無くなる

「iPhone XS」シリーズのポートレートモードでは離れないと利用できない・暗いと画質が粗くなるという欠点がある。背景ボケの写真は被写体が際立ちとても魅力的だが、条件が整っていなければ利用しづらい。

「iPhone XR」は人物写真に限定されるものの、ポートレートモードの弱みを克服できていることから、むしろ使いやすい印象さえも受ける。

以下に夜の新宿で撮影した写真を載せておく!モデルは大川さん(@ryumagazine)とロケットニュースの佐藤さん(@Foodqueensatou)さん。

IPhone XR First Impression Review 20

IPhone XR First Impression Review 19

IPhone XR First Impression Review 22

撮影してみてわかったが、「iPhone XS」シリーズのポートレートモードはデフォルトのf値は「4.5」に設定されているが、「iPhone XR」は「2.8」になっていることがわかった。道理で背景が偉いボケるわけだ。

ノッチはいつものノッチ、Face IDはいつものFace ID

IPhone XR First Impression Review 07

「iPhone XR」の「Face ID」は特別変わった印象はない。

用意されている画面上のノッチは「iPhone XS」シリーズと同じサイズ。「Face ID」も全く同じ仕様なので、特別遅かったり、精度が低かったり、使い勝手が悪かったりすることは全くない。

「3D Touch」がなくなった代償は大きい

IPhone XR First Impression Review 08

画面を押し込むことによってマウスの右クリックのようなメニューが表示される「3D Touch」だが、「iPhone XR」にはその機能がまるっと廃止され、「3D Touch」が利用できていた一部機能では代わりに「Haptic Feedback」が利用可能になった。

「iPhone XR」の「Haptic Feedback」が有効になるのはロック画面とコントロールセンター。押し込めば「3D Touch」と全く変わらない微振動が指先に感じられ、隠れているメニューを表示したり機能を有効化したりすることができる。

問題は、上記以外で「Haptic Feedback」が有効にならないということ。

Appleは今後利用可能になる機能は増えると明言しているが、ホーム画面で押し込んでも何も起きず、アプリが移動可能になるブルブルモードになるだけ。

Safariのリンクを押し込もうとしても押し込むことができない。メッセージアプリで既読を付けずにメッセージ内容を読もうとしても読むことができない。

「3D Touch」の存在さえも知らない人も多いらしいが、僕は割と使っている。押し込むことができなくなっていることに違和感があり、今のところ使い勝手が悪いように感じる。

とは言え、これも慣れの問題なのかもしれないので、しばらく「3D Touch」の無い生活にチャレンジしてみたい。

本体の分厚さ、重さは全く気にならない

IPhone XR First Impression Review 15

「iPhone XS」よりも重い「iPhone XR」だが、「iPhone XS Max」を普段使っているので重さは全く気にならない。それどころか軽く感じる

また、本体も「iPhone XS」シリーズより0.6mm分厚いが、それも気にならない。これも分厚くなったことによって持ち心地が良くなっている気もしてしまう。僕、何か感覚が麻痺しているのかな?

その一方で、Lightningポートがスピーカーグリルと一直線上にないことは気になる。いや、この並びを日々見ながら過ごすわけではないのでどうでもいいかもしれないが、僕はここに妥協したAppleにショックを受けた。
IPhone XR First Impression Review 14

使っているうちに試してみたいこと

IPhone XR First Impression Review 11

以上が使い始めて数時間のファーストインプレッションだ。今のところ、非常に好印象。

「iPhone XS Max」から乗り換えることを想定して使っているので、「iPhone XS Max」を買うべきか、「iPhone XR」を買うべきか悩んでいる人にとって少しでも参考になれば嬉しい。

使っているうちに試してみたいことは下記の通り:

  • 電池持ちは本当に「iPhone XS Max」を凌駕するほど良いのか
  • ディスプレイとベゼルは使っていて気にならないか
  • 通信速度は気にならないか
  • 「3D Touch」のない生活はどうか
  • 望遠レンズがないこと、ポートレートモードで撮影対象が限定されることは不便なのか

特に気になっているのは電池持ち。「iPhone XS Max」でもそこそこ良いが、「iPhone XR」はそれ以上に良いとAppleは説明している。

IPhone XR First Impression Review 13

こればかりは使ってみなければ分からない。これからiPhoneの買い替えを検討している人にとって、「iPhone XR」は非常に魅力的な選択肢になりそうだ!

もっと読むiPhone XRまとめ