ホンダ、2足歩行ロボット「アシモ」の開発を取りやめていた

Honda ASIMO

ホンダは、長年開発を続けていた2足歩行ロボット「アシモ」の開発を取りやめたNHKニュースが報じている。

「アシモ」の初号機は2000年に発表。当時、人間さながらの二足歩行できることで高い技術力が注目され、世界的に話題になっていた。2011年まで合計7代にわたって進化してきたが、関係者によるとすでに開発は終了し、研究開発チームも解散しているとのこと。

ホンダ広報部「ヒューマノイドロボの開発は続ける」

この報道に対し、ITmedia NEWSは、ホンダ広報部からの情報として、「ASIMO開発チーム」という名のチームはもともとなく、ヒューマノイドロボット開発チームがASIMOを開発していた、と報じている。

また、「ヒューマノイドロボ開発チームは解散しておらず、規模縮小もしていない」とコメントしている。また、ヒューマノイドロボの開発は続けるとのこと。

あわせて読みたい