Slack、Hipchatを買収ーーHipchatは2019年2月にサービス終了

Hipchat becomes Slack 2

ビジネスコラボレーションツール「Slack」を運営するSlack Technologiesは現地時間7月26日、Atlassinが運営する競合サービス「Hipchat」および「Stide」を買収したことを発表した。Atlassinのサービスは2019年2月15日をもって終了する。

買収額などは明らかになっていないが、AtlassinはSlackに対して株式投資を行い、Slackは StrideおよびHipchat Cloudの知的財産を取得したとのこと。

また、Hipchat ServerおよびHipchat Data Centerの提供も終了し、これら4製品全てのユーザー対し、Slackと協力して移行パスを提供すると案内されている。移行する方法などについてはこちらのページにまとめられている。

Atlassinは「この新しいパートナーシップを通して両社は、より優れた統合を共に構築し、あらゆる場所にいる企業に対してより明確にモダンなワークプレースエクスペリエンスを定義していきます。」とコメントしている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「テクノロジー」新着記事
トレンド検索