Slack、最新アップデートで起動速度が33%向上しメモリ使用量が50%低減

Slackコールの接続速度も10倍スピードアップ、ネット接続が不安定な場合においての表示も改良

Slack 4 gets speed update

Slackの最新アップデート「バージョン4.0.0」がリリースされ、Webpackへの移行により、動作速度が全体的に改善されたことを発表した。

デスクトップアプリの起動速度が33%向上し、Slackコールの接続速度もチームメンバーからの着信通話に参加するまでの時間が10倍スピードアップしたという。

さらに情報処理効率も向上し、メモリ使用量が以前に比べて50%低減。特にチャンネルの切り替えを頻繁に行うユーザーにとって、操作がよりスムーズに感じられるようになるとのこと。

また、Slackの欠点でもあった、インターネット接続が不安定な場合においての表示も改良。アプリを起動して以前に開いたチャンネルや会話を確認できるようになり、接続エラーメッセージが表示されるように。接続に中断があっても、セッションからメッセージを表示することができる。

最新アップデートは今後数週間で段階的に提供を開始する予定。詳細のリリースノートはこちらからどうぞ

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索