【レビュー】Anker Nano II 45W/65W:AppleシリコンMacの時代に最適なUSB充電器

純正品と比べて大幅に小型化・軽量化、驚異的な電池持ちを持つAppleシリコンMacのパートナーとして最適

Anker Nano II 45W and 65W review 01

Ankerが、独自技術「Anker GaN ll」を採用した最新のUSB-C充電器シリーズとして、Anker Nano II 45Wを皮切りにAnker Nano II 30Wを発売。今月末にはAnker Nano II 65Wが販売開始する予定だ。

AppleシリコンMacの登場により、Macは電池持ちを気にせず使えるようになった。充電器の使用頻度は下がるため、持ち運ぶ充電器は小さく、軽いほどよい。Anker Nano II 45WAnker Nano II 65Wは、高い出力をコンパクトサイズに収めている。AppleシリコンMacの時代に最適なUSB充電器といえるだろう。

メーカーよりレビュー用に先行してサンプルを提供してもらったので紹介する。

45Wと65Wを比較:サイズや仕様、61W純正アダプタとの違い

45Wと65Wのサイズや仕様を比較する

Anker GaN llを採用した最新USB-C充電器の仕様を比較する。出力に比例してサイズや重さも増すが、30Wと45W/65Wには折畳式プラグの有無が異なる。

30Wモデル 45Wモデル 65Wモデル
サイズ 3.15 x 3.04 x 3.78cm 3.5 × 3.8 × 4.1cm 3.6 x 4.2 x 4.2cm
重さ 約40g 約68g 約115g
プラグ 固定 折畳式 折畳式
フルスピード充電できる製品
(参考例)
MacBook Air
iPhone
iPad
MacBook Air
iPhone
iPad
MacBook Air
MacBook Pro(13インチ)
iPhone
iPad

45Wと65Wのサイズは近いが、重さは65Wのほうがずっしりと重い。
Anker Nano II 45W and 65W review 03

両モデルともUSB-Cポートを1つ搭載する。
Anker Nano II 45W and 65W review 04

折畳式プラグのため、持ち運びに適している。
Anker Nano II 45W and 65W review 05

電源タップ(Anker PowerPort Strip PD 3)に隣同士で挿したが、干渉しなかった。
Anker Nano II 45W and 65W review 02

61WのApple純正充電器と比較する

Apple純正の61W USB-C電源アダプタと比較すると、Anker製品のコンパクトさに驚く。
Anker Nano II 45W and 65W review 06

純正品は約210gの重さだが、45Wは約68g、65Wは約115g。物理的に小さいだけではなく、半分以下の軽さになる。持ち運び用のUSB-C充電器を追加購入するのであれば、無駄に高価な純正品ではなくAnker Nano llシリーズの購入がおすすめだ。
Anker Nano II 45W and 65W review 07

45Wで13インチ、65Wで15インチのMacBook Proを充電してみた

45Wの充電スピードの不満は、今のところまったくない。13インチMacBook Pro(Intel)を0%から充電開始したところ、30分経過時点で27%、60分で60%、90分で82%まで回復した。

65Wを使い、15インチMacBook Pro(2019)を充電する検証も行った。30分で20%、60分で50%、90分で76%まで回復しており、本来必要とする出力(87W)を下回っているが十分使用に耐えられる。

サーモグラフィカメラを使い、充電中の発熱状況を検証した。45Wは50℃を超える温度を保っていた。
Anker Nano II 45W and 65W thermography 02

一方で65Wは63℃以上を記録しており、触り続けられないほど熱い。
Anker Nano II 45W and 65W thermography 01

M1 MacBook Pro用に持ち運ぶのは45W、その理由

Anker Nano II 45W and 65W review 08

M1 MacBook Pro用として持ち運んでいるUSB-C充電器は、45Wモデル。フルスピードで充電するためには65Wモデルのほうが適しているが、M1 MacBook Proの驚異的な電池持ちのお陰で充電する機会が全くない。45Wでも13インチを十分なスピードで充電できることも確認できている。数十グラム、数センチの差とは言え、65Wモデルを持ち運ぶ必要性はない

またサーモグラフィカメラによる検証から、65Wは本体が発熱しやすいことが確認できている。扱いやすさの点においても、45Wのほうが優れていると感じる。

45Wの出力で十分であれば、Anker Nano IIシリーズにこだわらずAnker PowerPort Atom III 45W Slimを選ぶ選択肢もある。平べったいデザインで、壁のコンセントに挿すとケーブルが下向きになる構造が特徴だ。

それでもAnker Nano II 45Wを選ぶ理由は、ガジェットポーチの収まり。AnkerのUSB-C充電器は、どれも安心して使用できる。最新製品に固執せず、自分のライフスタイルやニーズに合った製品を選ぼう。

Anker Nano II 45W/65W
Anker Nano II 45W/65W
8.1/10
特集
関連情報
更新日2021年07月16日
コメント(6件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:606044)

    100W版があったら買うんだけど無いんだよなぁ・・・ (まだMBP16インチなので)

  2. g.O.R.i(コメントID:605986)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:605984)
    記事を読んで45w購入しました! ポチったばかりなのでまだ手元にはありませんが、 m1 proでUSBハブを使いながらだと充電していても逆にバッテリーが減っていくようなことはないでしょうかね?

    どの程度の負荷がかかる作業をしているかによりますねぇ。動画関連作業は減りはしないものの増えなかった、と言う記憶があります!

  3. 通りすがりの読者(コメントID:605984)

    記事を読んで45w購入しました!
    ポチったばかりなのでまだ手元にはありませんが、
    m1 proでUSBハブを使いながらだと充電していても逆にバッテリーが減っていくようなことはないでしょうかね?

  4. g.O.R.i(コメントID:605932)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:605926)
    せっかく先行で貰ってるなら充電スピードとかも測ってほしかったです。本体なくても出来るレベルの記事でした。

    匿名で言いたいだけ言ってその後無視みたいな、いかにもインターネットみたいなコメントでしたが、おっしゃっていることは超正論というかごもっともなので、M1 Macではないですが、計測しましたよ!サーモグラフィカメラを使った発熱状況なども計測しました!大事なところを抜け落ちていて、失礼しました。

    僕は仙人ではないですが、いただくコメントは基本的に目を通してなるべく返信、対応できるようにしているので、よかったら僕の行動を促すような素敵なコメントを心がけてみてくださいね。面と向かって言えないことは、文字として打たないこと。面と向かっていることをちゃんと書いてくださいね。そっちのほうが自分も相手も、インターネット全体がハッピーになると思いますよ。ではでは、まだ次のコメントでお会いしましょう〜✋

  5. g.O.R.i(コメントID:605927)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:605926)
    せっかく先行で貰ってるなら充電スピードとかも測ってほしかったです。本体なくても出来るレベルの記事でした。

    そう言う言い方しないで、充電スピード測ってもらえませんか?って言えば良くないですか?笑。

    ちなみにM1 Macだと繋いでることが多くて電池が減らず計測する機会がないので、ほかのMacで試そうと思いますが、具体的に気になる機種ありますか??

  6. 通りすがりの読者(コメントID:605926)

    せっかく先行で貰ってるなら充電スピードとかも測ってほしかったです。本体なくても出来るレベルの記事でした。

「Mac用USB-Cアクセサリ」新着記事
トレンド検索